新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

盆休みのほとんどが仕事でしたのでやりたい事がほとんど進まなかったのですが、少し前にrtm_iinoさんが取り組まれていたWM8805のソフトモードの確認だけはしたいと思っていました。 4月に作製したWM8805+TDA1545A基板や手持のお気楽さんのWM8805基板はハードモードのみの対応 …
続きを読む

DIYINHKのXMOSとTDA1545A差動DACの組み合わせで音楽を再生する事ができましたので、久々に96khzのサンプリングレートのハイレゾ音源を聴いていました。 そういえば、この方式でどこまでのハイサンプリングレートまで対応できるのか調べてなかったと思い、DIYINHKのXMOSは384 …
続きを読む

先月のタイ出張中に構想をたてて帰国してからfusionPCBに発注した基板がようやくとどきました。中国で製造しているはずなのですが、なぜかシンガポールポストです。いつものことですが、3週間程度かかりました。私のような初心者には5cm□で送料こみ1500円程度で基板がつくれ …
続きを読む

CM108のDDCを検討するにあたって、FE1.1sが外せないと感じています。FE1.1sの本来の目的はUSB2.0の4port Hub Controlerです。USBケーブルを延長するためのリピーターなどにも使われています。そのブロックダイアグラムはこのようになっています。 勝手な解釈かもしれません …
続きを読む

CM108が思いもよらず手軽にそこそこの音がでてしまいました。出張のヘッドフォンアンプ代わりにもなるのでDDCとして基板の検討を始めようかと思います。それにはまず、完成品ではなくてまずは使い勝手や使用する部品の吟味をするために変換基板で組んでみました。とりあえず …
続きを読む

GS-1にRALL70-10Dを6lkhz 6dB/octのネットワークの設定で追加していますが、GS-1の能率が88dB,ツイーRALLが92dBということで、バランスが少しハイ寄りになっていました。 本来でしたらツイーターにアッテネーターをいれるということになるのですが、GS-1が2台あるので、ツイ …
続きを読む

先日出力波形を調べましたebayのCM108ですが、回路的にもデーターシートにほぼ忠実な構成でした。出力の黄緑の端子の近くの3つのセラミックスチップコンデンサーは電源カップリングと出力のDCカット用です。DCをカットしないと2V程度のDCが無音時に出力されます。安価なチッ …
続きを読む

Si5328やES9018S,AK4399などI2Cで制御するチップが増えてきました。設定が多い場合は、Arduionで一気に書き込んだ方が楽なのですが、一つのレジスタをいじる場合にいちいちパソコンを立ち上げて接続するのも面倒でした。お気楽オーディオキット資料館さんで、I2Cコントローラ …
続きを読む

Sound Blastor Playの出力がNOSだという情報がwebでありました。Sound Blastor PlayにはCM119がつかわれているようです。たまたま手元にCM119が搭載されている、PCLのUSBオーディオ変換アダプタがありました。Youtubeで1khzのファイルを再生して波形を拡大してみましたところ …
続きを読む

TDA1545Aをの電流出力をTLT-1010SSJで受ける場合、トランスの二次側に1kΩ程度の負荷抵抗を取り付けます。この負荷抵抗の種類で相当音質が変化します。これまで比較的入手しやすい物を試してきました。Vishay NS-2B無誘導巻線抵抗Vishay VAR金属箔抵抗VIshay メタルフィルム …
続きを読む