新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

低域のボケを少しでも解消するために、初段のカソードコンデンサーを取り外しました。この手法ですがメインの2A3の6SN7GTの初段にも採用している方法で、ゲインは少し低くなりますが低域が締まります。この一週間このアンプでTimedomain Miniを駆動して音楽を聴いていますが …
続きを読む

6C45Πでプリアンプをと考えていましたが、メインの2A3に接続しないことにしましたので、オールファインメットでない3rd真空管アンプの6C45Π単段アンプの増幅段としてつかうことにしました。ネックは電源につかうためのファインメットチョークの手持がないということと、944 …
続きを読む

6C45Πのプレートから信号を取り出して、インピーダンスは高いもののプリアンプの検討をしていましたが、電源がDC-DCコンバーターでは話にならない状況でした。まあ回路の検討ということで部品もたいしたものが使っていなかったので仕方がありません。PPアンプやシングルアン …
続きを読む

Timedomain Mini用のアンプの6C45Π Singleアンプですが、やはり聴いているとどうしても欲が出てきます。拙宅ではこのほかにも6C45Π PP+励磁スピーカーと2A3 Single+GS-1Wが稼動していまして、これら3つのシステムは同時に音楽を再生することがもちろんありません。この2 …
続きを読む

カソードフォロワでプリアンプは組むには組めたのですが、今ひとつパッとしないので、プレートから電圧を取り出すように回路を変更してみました。 奇しくも、検討の中のひとつの2A3の初段としての回路の確認をするに至ってしまいました。今回は容量の大きいプレート抵抗が手 …
続きを読む

DACにトランスIVを使っているからかも知れませんが、個人的な用途としてはPre/Bufferアンプの必要はあまり感じていません。TVCがパッシブなボリュームコントロールということもあって、その後にアクティブで処理をしたらどうなるかという事の検討のために検討をしています。T …
続きを読む

6C45ΠシングルのB+電圧ですが、海外のサイトで200Vぐらいを供給されている図面がいくつかアップされていたので、プレート電圧は200Vぐらいまでは大丈夫と思ってつかっていました。6C45ΠはWE437Aの互換とされていますが、最大プレート電圧がWE437Aが200Vなのに対して、6C45 …
続きを読む

久しくアンプに取り組んでいましたので久々にDAIにとりくんでいました。AK4113の上位で低ジッターのAK4118AEQの基板をebayで調達しました。この基板ですが、STM32のマイコンが搭載されていて、I2CでAK4118AEQをコントロールしています。スペックは3入力切り替えで、192khz/24 …
続きを読む

パラフィード接続の際につかったパラフィードチョークは以前2A3でも試した時につかっていたものです。プレートにとりつけてIV変換するために、このチョークの特性がそのまま音に現れます。またDCカットのためのカップリングコンデンサーでも音が変わるので、音が変化する要素 …
続きを読む

これまでは220V-0のebayで購入した真空管IV用のトランスをつかってダブルチョークインプットとしていましたが、ヤフオクで240V-0-240Vと0-6.3Vの両波出力の電気音響製のQC-12というトランスが出品されていましたので落札しました。重量比で2倍近くありますので、ある程度はコ …
続きを読む