新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

2A3シングル真空管アンプの段間のカップリングコンデンサーですが、BlueCactusのアルミフィルムコン,アムトランスACMAの銅箔フィルムコン、BlackMatter(J)とつかってきました。銅箔フィルムの音が一番良いと思うのですが、いかんせん100KhzがBlackMatter(J)と比較するとボケ …
続きを読む

しばらくタイに出張していまして、耳のリセットをしています。雨期という事もあって、日差しが照る事があまりなく気温も32℃ぐらいしか上がらずに過ごしやすいです。久々にタイ料理を満喫しています。iPhoneのスピーカーで音楽を聴いていましたが、バスルームに置いたり本棚 …
続きを読む

PCM2706とPCM108はDDCのなかでも安価に44.1khzと48khzは再生することができますし、クロックのテストをするのに一番手っとり早いということと、12MhzのクロックをつかっているのでUSBのクロックと共用できます。安価とはいえPLLの性能は電源さえ良質にしてやればそこそこのレ …
続きを読む

私のDSD再生環境のメインで使っているDDCのLPC4300 explorerのプログラムを書いてくださった、ナカタさんが、先日行われた第13回 1bit研究会で発表をされた内容を公開されたとの御連絡をいただきました。DSDの再生にはナカタさんが作られたPlayAudioというソフトをメインでつ …
続きを読む

rtm_iinoさんから、水晶振動子を直列につなぐとQ値があがって位相雑音も低くなる方向となるのではとのアドバイスをいただきました。とりあえず、水晶8個で発振してPCM2706に供給してみました。確かに、音質は向上しました。ということで、一気に突き進むのがこのブログの特徴 …
続きを読む

先日、高級オーディオショップのハードオフ(笑)に立ち寄ったときに、USBハブらしき物をジャンクでゲットしてきました。自宅に帰ってから型式を調べてみると、ELECOM USB2-24SSVというUSBの切り替え器でした。(ELECOMさんのサイトより)ジャンクということで破格でしたが、当然 …
続きを読む

USBを5m以上引き回したりするリピーターケーブルや、USBハブの中にはハブコントローラーを内蔵しているものがあります。そのハブコントローラーでFE1.1というICは外部からの12Mhzの水晶のクロックをもとにしてデーターを再構築しているようです。複数のハブにUSBを接続した場 …
続きを読む

ここ数ヶ月ですが、rtm_iinoさんと一緒に、コルピッツ発振回路のディスクリートのクロックにとりくんでいます。先にご紹介させていただいたMAX2620の発振回路もその一貫です。当初の目的はDuCULoNの発振回路がコルピッツ発振回路をもとに構成されているので一般的なCMOS発振 …
続きを読む

梅雨真っ只中いかがお過ごしでしょうか。 部屋の真空管アンプの放熱で部屋に熱気がこもるようになってきました。 そんな中自分のブログを読み返していて、見た感じが暑苦しく感じましたので久々(2年半ぶり)にブログのレイアウトを変えてみました。 …
続きを読む

GS-1に6dB/0octで追加したツイーター用のネットワークのコンデンサーですが、複数のBlackMatterで合成容量を3.3uFとしていました。S氏からネットワーク用のコンデンサーで、Mundorf M-Cap Supremeが色づけも少なく、特性上も揺れもなく良好とのことで購入してみました。片チ …
続きを読む