2009/11/01

マーラー : 交響曲第1番 

51Lj8bGu3GL__SL500_AA240_
マーラー : 交響曲第1番 
指揮:エリアフ・インバル フランクフルト放送交響楽団

この曲は、ワルター、バーンスタイン、ラケル、ショルティなどももってますが、あえてインバル盤を選択しました。

マーラーの交響曲の中で1番は比較的短く聴きやすい旋律が随所に現れます。特にインバル盤は金管楽器がすばらしいです。

へんなところからの音もなく、きっちりとしたステレオの録音で、一つ一つの楽器のバランスもよく、奥行きも充分感じられます。もちろん演奏もすばらしく、安心して聴くことのできるマーラーだと思います。

2009/10/31

12.Yoshii9とGS-1の音の聞こえ方

4

 

《 天才ばかぼんさん語録 》

  12.Yoshii9とGS-1の音の聞こえ方

 


Yoshii9とGS-1ですが音の聞こえ方が異なります。Yoshii9は3角形の頂点でなくとも、ある程度の立体感は得られます。
一方GS-1は3角形の頂点をスピーカーから遠い方にはずれた場合、左右に頭を動かすと、片方のチャンネルの音しか聞こえなくなります。この疑問に対して明確にお答えいただきました。

完全再生を目指すとGS-1の様な聴こえ方になります。
右左の信号が完全に音像を創る。いろいろ当惑する現象が見られます。

何処ででも聴けるように、との考えで創ったYoshii9は当惑する現象はありません。
音のクオリティーは下がっていることになります。
直接放射型としては、画期的な性能ですが、画期的な性能のホーン型には及びません。

GS-1ピンポイントでは左右の信号が、マイクロレベルまで時間ずれなく耳に届きます。正確な音像音色です。3原色の色ズレが微細部まで全く無い映像と同じです。

再生レベルが上がると、当惑したり、気味が悪かったり、感動ありすぎたり、誰も想像出来ない経験をします。
たくぼんさんはその気配を感じられてるようですね。
どんどんすすむと魔境に踏み込んでしまいます。
私はかって魔境に至りました。想像を絶する世界です。2,3名が知っています。

2009/10/25

アヴェ・マリア~セイクリッド・アリアズ

51S0-UtzaxL__SS400_
アヴェ・マリア~セイクリッド・アリアズ
キャサリーン・ジェンキンズ

この手のもので、華美の極みといえばサラ・ブライトマン。

非常に素朴ででシルキーな声です。こちらの方が好みです。

こういった録音は是非2本のステレオマイクで録音してほしいものです。
2009/10/22

11.端子のクリーニング

4

 

《 天才ばかぼんさん語録 》

  11.端子のクリーニング

 


タイムドメイン社のホームページに、GS-1を設置するときの様子が書かれた資料がございました。その資料をみまして、私自身自宅の掃除が出来る接点をすべて無水エタノールで洗浄しましたところ、かなりの効果が得られました。そのことを報告させていただいた際に、コメントをいただきました。

===
この頃はずーとクリーナーをさぼってます。
以前は何処へ入っても先ずそれをしておりましたが。

手間ひまかける根気と時間が無くなりました。年は取りたくない。

でも、人力を尽くせば天は応えてくれる。長年で実感したことです。

2009/10/18

10.バッテリー・電源

4



《 天才ばかぼんさん語録 》

 10.バッテリー・電源



電源ラインも従来のオーディオでも、音に対して影響があるとされ、様々な電源ケーブルが発売されてます。

タイムドメイン的に考えるとRCAケーブルやスピーカーケーブルのような制振効果が電源ケーブルにも当てまりますので、Yoshii9の電源アダプター内の配線にも鉛玉を取り付けて制振を施しました。 Yoshii9のACアダプターは大きく分けてトランス、DC変換、電解コンデンサーの3つの部品から構成されてます。それらを接続するすべてのラインを制振処理をしました。

また、高周波の対策をしようと思ってフェライトコアをラインにいれましたが、あまり効果がありませんでした。その理由も御説明いただきました。

YA-1は保証対象から外れてしまうものの、バッテリーで駆動すると音質が向上するとの報告がございます。音の良いバッテリーをご紹介いただきました。

【電源ケーブル】
電源ケーブルで音が変わるのも振動です。
大げさなケーブルが沢山出ていますが、それぞれの振動特性が変わるだけ。

トラップすればそんなものは無意味です。
トラップケーブルの製品化を考えましたが、電気関係の規制が多くよいアイデアは在りませんでした。

屋内配線や、柱上トランスまで変更する人がいます。
縦振動は100mも伝わりますから、音は変わります。
でも鉛だま一つで解決出来ます。ACラインのことなのであまり人には言っておりません。

昔、ぼうしゃアンプの画期的な改善策をGS-1ユーザーに教えて、それが世に広まってアンプの社長から苦情を言われました。

===
フェライトコアに線を巻くよりも、フェライトコアの中を線が貫通するようにする方の方が合理的かと思います。クランプ式。
私も昔検討しましたが、顕著な効果はなかったようです。

高周波のノイズをトラップしてS/Nを向上、というのが狙いでしょうが、高周波のノイズが音質を悪化させるケースは少ないでしょう。
特性の悪いアンプには効果が在るでしょう(混変調歪み)。

振動のトラップは合理的で効果的なのは経験された通りです。

===
【バッテリー】
推奨バッテリー GS YUASA NPH2-12

昔、電解コンデンサーの替りにこれを内蔵したアンプを考えておりました。
当初40,000μFのコンデンサーを内蔵しておりましたが、このバッテリーはFとなります。
放電時間から計算すると幾らかは忘れましたが(計算してみて下さい)
μFでは無くFとなります。蓄電器と蓄電池。器と池の違いです。
音の良さは容量では決まらない事もあって、今はトランス式です。
でもこのバッテリーは音がよいので試されれば。メーカー保証失効。

Yoshii9AMPでGS-1を終日鳴らせます。大きさはリンゴくらいの容積です。

機器組み込み用の密閉型です。 


===
乾電池はホルダーを使わず、直接ハンダしてつかってました。
銘柄と支持の問題で自分で聴くしかありません。

電気特性は音とは余り関係ありません。機械振動(圧力波、P波)の問題。

YUASAの2AHモデルも何種類かあります。
あのずんぐり型が音が良かったです。
平形も、長方型もずんぐり型も、同じ2Vユニットが6ヶ入ってます。
ハウジングも同じ材料です。ですから電気特性は全く同じです。

タイムドメインは先ず機械振動で考えます。
機器は全て電気特性ではなく電気機械特性で考えます


===
モデルが同じでも製法、材料、構造が変わっていない事を祈ります。
性能、コスト向上の為どんどん変えて行きますが、音のことは考えてくれません。

(蛇足)
ニッカドやリチュウムの音が悪かったのは、電極材料と構造の問題でしょう。
鉛は変な音(機械振動)しないでしょうし、ハウジングもがっちり振動しないからよいのでしょう。
振動が信号に畳み込まれてしまっては振動とラップでもトラップ出来ません。


===
(NHP1-2の端子の)あの穴は端子を差し込んだ時、端子のぽっちが、かちっと嵌まる穴です。

圧着端子と同じ素材です。
電源線は音の良いのを選んで下さい。信号は音楽、測定は耳。


===
相手は重量級ですので、少々太くても細くても良いようにも思いますが。
インピーダンス(機械)比は充分とれますので
バッテリーの振動特性は支配的だと思います。
一点支持なんか出来れば・・・・・

電気回路の1点アースと同様安定します。
滑らかな板の上へ小さな球体を3ツ置いて、その上へ置くと、支持をしながら多くの振動は逃がせます。
重心を1っ点で支持し、ひっくり返らないよう周辺を綿で支えるのはどうでしょう。
以前いろいろやって効果は確認してますが、実用決定版には至りませんでした。
良くなる可能性があるので、書いてみました。

2009/10/17

マーラー : 交響曲第9番  

51Z3RfBDUDL__SS500_

マーラー交響曲 第9番
ブルーノワルター指揮
ウィーンフィル
録音1938年(mono)

マーラーの指揮者といえば、マーラーの直弟子であり、かつ友人であったこのワルターを外すことはできないと思います。
ワルターにはこの後に振ったStereo録音のものもありますが、私はこちらのmono録音のものの方が素晴らしいと思います。
この1938年というのはナチスの迫害にあっている時期でもあり、コンサート開くとそこを爆破するとの警告を受けていた中での演奏です。
私の持っているものは21年前に購入したEMIの輸入盤(Made in W Germaney)です。マーラー好きにはたまらない1枚だと思いますがいかがでしょうか。

「音符を愛してください.そこから音が溢れ出るように.」 ワルターの言葉です。
2009/10/14

9.接地

4

《 天才ばかぼんさん語録 》

  9.接地





 基本的な考えとして、接地はしっかりとしたところにする。(電気的にも機械的にも)。
接地は1点が理想的。

===
【YA-1】
YA-1のアースは、簡単でないので、電源の極性だけにとどめております。

☆スピーカ端子はBTLなのでどちらも浮かせておいて下さい。
 測定器は繋がないこと! 片方はアースされてしまいます。

アース端子は付けておりませんが、入力端子や、筐体はアースすることが出来ます。

従来オーディオ的に単純に考えられるものでは無いのが理由です。
アースの質によって好結果も、逆効果も有ります。
たくぼんさんはすでにご理解のように、アースの質には電気特性以外に機械特性が重要です。 縦振動は減衰しませんから。

昔、実験室のアース線に聴診器を当てたら、数十メートル離れた国旗掲揚塔のポールの先端の滑車がかたかた鳴っている音が聴こえてました。

===
【アンプ・スピーカー】
やじろべえ式のアンプとスピーカを研究していたことがあります。
性能は抜群でしたが、製品化は無理でした。

聴く時にロックを外す。
Yoshii9スピーカのロックはその名残です。

 

2009/10/13

8.細いスピーカー線

4


《 天才ばかぼんさん語録 》

  8.細いスピーカー線



 従来のオーディオでは太くで重厚なスピーカーケーブルが音が良いとされてきました。スピーカーに送られる電気信号は通常の住宅での再生する音量ですと、それほど大きな電流は流れません。
 太いケーブルは電線のように電気そのものを運ぶには適しているのかも知れません(勝手な想像です)が、劣化が激しく細かい信号を送るのには適していません。
 そんなことから、Yoshii9にもRSCBの0.2sqという非常に細い線が使われています。以前の私は、3.5sqのスピーカーケーブルをつかってましたから、RSCBですら10分の1以下の断面積です。現在は電話線をつかっていますのでそれ以下です。

下記にRSCBから電話線にかえたときに、顕著な情報量の向上がみられたことを、お話した際にコメントをいただきました。

===
こういう話が一般になればオーディオケーブルメーカーは倒産。

MIXIでもケーブル談義が盛んですが、大勢を相手にやりとりする気力はないので、時々覗いては嘆息しております。

迷信はケーブルだけではなく、アンプもスピーカも室内音響も多すぎます。
30年、伝道に努めてきましたが。

YS-1の内部配線は「揖保の糸」と言ってます。うっかり触ると切れます。
従来アンプでは銅版で繋いでいます。

===
幾ら音がよいと言っても、何万円で売り出せませんしね。
モンスターが10万なら、へろへろ(電話線)は100万でしょう。
でも、オーディオ世界、すっかり変えたくなりますね。

 

2009/10/10

7.鉛玉による制振 他

4



《 天才ばかぼんさん語録 》

  7.鉛玉による制振 他

 

 

この鉛玉の制振については、天才ばかぼんさんもおっしゃられてますが、相応しい機器をもっていないと確認することは難しいと思います。
この内容はある意味とんでもない内容です。タイムドメインユーザーの方でしたら確実に効果が上がりかつ手っ取り早い方法です。

===
【前書き】
この考えが世に知られるとケーブルメーカーは店じまいとなります。
オーディオ店もケーブル販売で凌いでいますから。

30年前の発明(?)ですが口コミだけで分る人にだけ教えてきました。

☆タイムドメイン理論と技術を理解出来る人。
☆相応しいオーディオ機器を持っていること。従来のオーディオ程度ではマジナイにもなりません。

ケーブルの被覆も取ってしまったら?・・・
けしかけてその気にさせる悪い趣味です。

===
【共通】
振動系は全て、結合面が馴染むまで、又は機械ストレスがとれるまで、エージングが必要です。慣らし運転もその一種。
ケーブルも同じです。動かした後は落ち着くまで、ストレスがとれるまで、馴染むまで、そっとしておいてエージングが必要です。

この様な差が分る様になったのはシステムクオリティーが相当高くなってきたからでしょう。
ある時間経って音が安定してからの評価が、効果の真の値でしょう。
クオリティーが高くなるほど、この現象が顕著になります。

===
【スピーカー】
病膏肓ですね。
良くなってくれば、今まで判らなかった差が顕著になります。

音を聴きながら、鉛を仮留し、決まれば圧着してました、自宅GS-1は何ヶ所かになってしまいました。線や鉛は綿の上へ乗っけてましたが、面倒なので包帯で巻いてしまいました。

===
【ラインケーブル】
ステレオミニケーブルも裸にしてしまって鉛対策などしてました。
同軸ケーブルやシールド線はよくありません。
ツイストペアが良いです。

 

 

2009/10/09

バッハ無伴奏チェロ組曲 全曲  Gary Karr

336

曲 名:バッハ無伴奏チェロ組曲
演奏者:Gary Karr
楽 器:コントラバス

私の大好きなバッハ無伴奏チェロ組曲です。ここは異色なCDでGary Karrがコントラバスで見事に演奏しきってます。

Yoshii9のセッティングで低音のチェックに良く使いました。Yoshii9でもセッティングがきまると、コントラバスの最低音源の開放弦の重低音が腹に響きます。Yoshii9のセッティングが決まったあとは、再生装置のチェックにもつかえるCDです。

余談ですが、3年ほどまえひゃっかんさんスタジオにお邪魔した際に、りりぃさんがチェロの種類や弓の種類、床におくチップの種類を変えて1番を目の前で弾いてくださいました。また、チェロ奏者が演奏時に自分が聞いている音と、会場でお客様が聞く音の違いなども、実際に演奏されている後ろ側で聞かせていただいたりしました。本当に感動ものでした。楽器本体のみならず、弓やそれにつける松ヤニなど、楽器のコンディションや音色を変える要因の多さに驚きました。本当によい経験をさせていただきました。なつかしい思い出です。