2010/02/24

Yoshii9の電源


Yoshii9を購入するとアンプが付属?してきます。このYA-1ですが小さな巨人といわんがばかりの、すばらしいコストパフォーマンスです。

そのままでも充分良い音なのですが、この電源部に手をいれると更に音がよくなります。

私はYA-1の電源に純正ACアダプター、バッテリーの2種類を使用しています。

このACアダプターですが、一般的なオーディオ機器の12W+12Wの出力には過剰かと思えるほど大型のトランスとコンデンサーで構成されてます。

電源コードの部分も、電流がながれることで余分な振動によるノイズが発生します。外部からのノイズはさておき、自分自身で発生するこの振動を取り除くことによって音質が向上しました。

ACアダプターを分解して、トランスの前後と、コンデンサーの前後の配線の被覆を剥いて鉛で制振しました。また、隙間に耐火断熱材をつめてインシュレートしました。(万一ショートしても燃えないように耐火断熱材をつかいました)

2







私の場合、オーディオ用のコンセントがブレーカーから独立していて配線は柔かめのエコケーブルでコンセントまで敷設してます。この間にも制振処理をしたいのですが、それは危険ということで、ブレーカーの2次側とコンセントボックスの直前に鉛で制御振動してます。

鉛を施工する前はコンセントに聴診器をあてて、部屋から20mぐらい離れたブレーカーをたたくと、音がきこえてきました。鉛は複数とりつけてこの音が聞こえないレベルとしてあります。

慣れてしまえば簡単な作業でほんの10分ぐらいの作業なのですが、音の輪郭がくっきりしました。


由井さんから

 「バッテリーのほうが更に音がよいですよ~」

とのことをお聞きしまして、車のバッテリーを電源として使ってみました。
このときはあまり変化がわかりませんでしたが、バッテリーからYA-1へ接続電源のケーブルをライカル線として、さらにそれを鉛で制振したら、ACアダプター(制振処理済み)と比較してもさらに音質は向上しました。

このことを由井さんに報告させていただいたところ、

 「バッテリーでもこのバッテリーが一番音がよかった」

ということで《NPH2-12》をご紹介いただきました。小さくて立方体に近いほど振動には有利ということでした。

実際に、車の大型バッテリーよりも、こちらの方が更に細かい音が聞こえると共に、低音の迫力も増しました。こちらの電源ケーブルにもライカル線をつかっているのとともに、鉛で制振処理をしています。
 
P1020792







ちなみに、電圧の降下の程度を測定しましたので。のせておきます。

V_hr Nph2-12 YA-1 10







バッテリーの設置も、3点設置としたほうが机にべた置きよりも音がよいです。(些細な差ではあるものの・・・)

Yoshii9では些細な音質の差の場合でもGS-1では顕著にその傾向が現れますので、チェックにはGS-1を使うことが多いです。

キーポイントはケーブルの制振と3点設置です。


※施工することによりまして保証が受けられなくなったり、故障したりする場合があります。また、電源ラインに手を加える場合は感電、火災を引き起こす場合がございます。施工される場合は自己責任で御願いいたします。
2010/02/23

Yoshii9スピーカーケーブルの制振

~Yoshii9スピーカーケーブルの制振~

Yoshii9のスピーカーの配線は直接ユニットにハンダ付けされていて、筒状のスピーカー本体を通して下部から生え出しとなっています。

このケーブルも制振処理をすると、振動による余分な信号がなくなり音質が向上します。

Yoshii9の下側のケーブルはプラスチックの部品でユニットに負荷がかからないようにとめられてます。ケーブルには余分なテンションがかからないにこしたことはないので、この部分を取り外しました。
P1020727








この近傍のスピーカーケーブルの被覆をはがして鉛玉をかしめて、制振処理をします。アンプとの間も50cmごとに鉛玉をかしめました。かしめるポイントは音を聴きながら決めました。

P1020734










私の環境では、ユニット近傍や筒の中の部分も鉛玉で制振した方が音質の向上が見られましたので、スピーカー本体を横倒しにしてユニットを引き出してスピーカーケーブルを露出させて鉛をかしめました。

P1020721








※施工することによりまして保証が受けられなくなったり、故障したりする場合があります。また、電源ラインに手を加える場合は感電、火災を引き起こす場合がございます。施工される場合は自己責任で御願いいたします。

2010/02/21

ケーブルの制振

~ ケーブルの制振 ~

電源ケーブル、ラインケーブル、スピーカーケーブルのどのケーブルも音楽を再生するときに縦振動が発生して、その振動に起因した余分な電気信号が発生してしまうとのことを由井さんからお聞きいたしました。

由井さんのお宅にお邪魔したときにGS-1とYA-1を接続しているケーブルを見せていただきましたところ、被覆による振動の伝播をなくすために、すべて剥がしてありまして包帯が巻かれてました。また、ケーブルには鉛がかしめてあり、配線の振動をインシュレートされてました。

そのことを実際に自宅の機器に施工しましたところ、相当な音質の向上が確認できました。

制振のポイントは

 1.振動を伝播しにくくする(被覆を剥ぐ、ケーブルをやわらかいものを使う)
 2.発生した振動は部分的に質量体を同化してインシュレートして取り除く。

です。

実際におこなう作業は、配線の被覆を剥いで配線を露出させた部分に、鉛をはさみこんでかしめるだけです。鉛は導電体ですので、絶縁する必要があります。絶縁体も振動が伝わりにくいように、布などが好ましいです。

P1020566








制振が充分であるかどうかは、簡単な器具で確認できます。

1







鉛をかしめないケーブルに聴診器をあてて、ケーブルの先を爪でコリコリとはじくと音がかなりリアるに聞こえます。鉛を施工すると振動が減衰して音が小さくなるのが確認できます。この音がきこえなければ充分制振されていると思います。あとは、できるだけ余分な信号が発生するのを少なくするためにも、あとは音を確認しながら制振するポイントをきめていきます。

たったこれだけですが、かなりの音質を向上させることができます。

Yoshii9の私なりの設置方法

Yoshii9ですが、ポンと置いたままでも良い音がしますがちょっとした工夫をすると、更に素晴らしい音になります。

由井社長からお教えいただいたことを、私なりにですが解釈いたしまして、下記のことを念頭においてゴチャゴチャやっております。


1.設置場所
床面はフワフワしていないこと。決して硬いことが必要ではないがしっかりとしていることとの考えで、、□300×100の特殊耐火重量ブロック(なぜか自宅にあった)ものをカーペットの上においてます。

2.脚と床(ブロック)の設置面
ブロックの上に直にスパイク受けを設置すると音がキンキンしますので、木綿を敷いてます。スパイクとスパイク受けの間にも化粧用のコットンをはさんでます。

3.下部からの漏れ音の処理
ポートの下の隙間に、吸音ウールを充填してあります。円盤状の上からも吸音ウールをかぶせてあります。とりあえず、空気の流れが阻害されないように気を付けてます。

4.スピーカー内の配線止め
下から這い出している、ライカル線を止めてあるプラスチックのパーツを取り払って、配線にかかる力をなくしました。

5.ケーブルの制振
ユニットを上から引き抜いて、ユニットの端子の近傍の配線を剥いで、鉛玉を圧着してます。スピーカーないの途中の部分にも3ケ所鉛玉を圧着してます。また、スピーカーからアンプの間も50cmごとに鉛玉を圧着してあります。

6.アンプ部(YA-1)
こちらも、スピーカー同様、重量耐火ブロックに木綿を敷いた上に設置してます。

7.電源部
下記の部分を鉛にて制振してます。
a.室内配線のブレーカーの室内側
b.コンセントプレートの中
c.YA-1の電源ソケットの近傍
d.電源ソケット/トランス間
e.ACアダプター内 トランス/コンデンサ間,コンデンサ/YA-1間

8.端子
無水アルコールで綿棒を用いて洗浄した後に、純粋で仕上げ拭きしてます。

9.再生機器(iPod)との接続
ドックコネクターを購入し、RSCBの芯線(80μ)で自作したケーブルで接続してます。このケーブルも途中に鉛玉で制振処理してます。

10.再生機器(iPod)の設置
こちらも、重量耐火ブロックに木綿をしいた上に画鋲をおいて3点支持してます。 

11.部屋の反射音対策
リスニングポイントに座って、耳に手をあてて音が悪い,耳につく方向の反射面にタオル、吸音スポンジなどを取り付けてます。

12.その他
YA-1はできるだけバッテリーで駆動しています。車用の大型のものよりも、オートバイ用などの小さくて、3辺の長さができるだけ同じ物のほうが音が良いです。バッテリーのコードも、ライカル線で製作しまして鉛で制振してあります。


装置自体の設置も重要ですが、それ以上に部屋の反射音の対策が重要ではないかと思い始めている今日この頃です。


いろんな方がいろいろな方法で試行錯誤されてます。こちらはいつも楽しき読ませていただき参考させていただいております。とてもわたしにはここまでできません(笑)

Yoshii9 を最高の音で聴こう!
http://shyouteikin.seesaa.net/
2009/11/27

マーラー : 交響曲第5番 

41FpxrHXovL__SL500_AA240_


マーラー交響曲第5番
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:レナード・バーンスタイン

インバル指揮のものもなかなかいいのですが、やはりマーラー交響曲といえば、バーンスタインのこのシリーズを外すことはできないでしょう。
グラモフォンですが、ライブ録音ということもあり、定位は抜群で自然です。このCDのアダージェットは本当に心地よいです。どっぷりと安らぎに包まれます。
2009/11/24

TD091008 GS-1アンプ

1305033698_242

GS-1アンプが返ってきたので、ジェシンタを聴く。

ボリュームを搾って7時くらい。iPhoneとホータイケーブル。
ミニミニは有り合わせのSony。

普通のアンプではこれほど搾ると音は良くない。
(アンプは小出力ほど歪みが増えるしS/Nが悪くなる)
スピーカも微小信号は再生出来ない。
(重い振動板は動かない)

iPhone:写真を撮る時は音楽を聴けない。
   :電話がかかってくるとビックリする。
 iPod touchも欲しい。

]

TD091008 オーディオのアンシャンレジュームをチェンジ

30年間旧体制に遠慮して(初めは異端狩りに会わない為)黙っていたが、いつまでも旧世界を見ているのも精神的に良くないので、チェンジをスタートすることに心を決めた。

皆が分かっていると信じてる(実は一番不明)辺りからはじめる。
ケーブル、アンプから始めるか?

このようなことは自分の名前から宿命のようだ。
 啓之  これを啓(ひら)く、これを啓(ひろ)める

今までも限りなく繰り返してきたのは、名前がそうなっているから。

TD091012 スピーカの支持

1308680396_1581308680396_40

 









この頃ポイント支持が増えてきているようです。
これは30年前ファイナルオーディオの高井社長が開発し、発売していましたが、製造に大変手間がかかるので、製造を他者に譲渡されたようです。
理想方式と思うし、実験でも抜群だったので今でも愛用しております。
最近要望が多いので製造を継いだ人を探してもらっています。

多分の構造図と、自宅で使用の写真です。
厚手のステンレス板を絞り込んで小石を詰めて、手間はかかりそうです。

電気回路で言えば、アースです。
1点アースのやじろべえが理想。高性能でしたが実験室のみ。
今は3点アースです。
機械系を電気系に変換して考える工学があるのですがこれで考えるとよく分ります。

力は相対的ですから、ダイオードではありません。
手のひらで机を強く押すと、圧力を感じます。
机が手のひらを強く押してると考えても同じです。
 地動説⇒天動説



機械構造を電気回路に変換して考えると、オームの法則や鳳テプナンの定理や重畳の定理が適用出来、考えやすく、分かりやすくなります。

TD091015 超忠実再生の為の音源

思い出しました。
GS-1開発時(30数年前)、
1)電池で動くお猿が太鼓とシンバルを叩くおもちゃを別室マイクの前へ置いて、聴いたり(別室まで線を延ばしリモコンとした)。
2)自分でマイクを持ってスピーカの近くでしゃべったり(江川方式)
3)インパルス発生器を入力にしたり(後でIC一つで作成)
4)大フィルの楽員がいろいろな楽器を持ってきて別室で演奏していただいたり (超贅沢:スピーカとしてではなく、本物の楽器として指導戴いた)

全ての良否が分かりやすい。
LPレコードの時代だから音源は扱いにくいし、本当の音の分る音源は有りませんでした(同じLPを何枚も入手、すり減らしました)

15.タイムドメインの真髄

4


《 天才ばかぼんさん語録 》

   15.タイムドメインの真髄





従来のマニアの努力はあの円錐の構造を理解出来なかったので、水平=好みのレベルでグルグ廻りをしていました。
垂直方向の改善も好みの問題に隠れて、出来ないしFドメインは理論原理的にフィデリティーを望めなかったわけです。
Tドメインではフィディリティーの追求が出ます。
これは良くなったか悪くなったか、客観的な評価が出来ます。
好みではありませんので、人によって判定が逆になることはありません。
良くなる時は全てが良くなり、悪くなる時は全てが悪くなるので判定も楽です。
何かが良くなって何かが悪くなるのではどうして良いか分りませんが、フィデリティーが上がる場合は全てが良くなるのですから、全評価項目をテェックしなくとも、気がついたところが良くなってれば、気がつかないところ、分らないところも良くなってると思えば良いのですから。
合理的な考え実験評価が、オカルトと科学(美も含む)を分けてくれます。
タイムドメイン技術は、音楽を対象として美と感動を求める科学技術です。