2009/10/02

2.GS-1について

4

 

 《 天才ばかぼんさん語録 》

    2.GS-1について





私はGS-1を所有するまで、Yoshii9が最高のスピーカーだと思ってまいりました。
GS-1を購入する際に、設置されているお店で100万ぐらいのマッキントッシュに接続された音をきいたときも、Yoshii9を始めて聞いたときの衝撃のようなものはありませんでした。

 そんな私がなぜ、GS-1を購入したかといいますと、数年前に天才ばかぼんさんの「こいつ(GS-1)はもっと(Yoshii9)よりもすごいよ!」との一言を聞いてしまって頭から離れなかったからです。
 Yoshii9のユーザーにしかられてしまうかもしれませんが、実際にGS-1を購入してセッティングを進めて行けばいくほどYoshii9との差が歴然としてしまいました。その差が頭の中で納得いかずに、天才ばかぼんさんにYoshii9とGS-1との違いについてお聞きしましたところ明確にお答えいただきました。

===
2009.8.12

長い間置いたままだったGS-1をセッティングした。アンプもGS-1も重くって一人では無理だった。
iPhoneを繋いで、Jacinthaを聴いている。
Days Of Wine & Roses
ワインも薔薇もないけど、CaptaineBlackを燻らしながら彼女の囁きかけるスローバラードを聴いているのは超贅沢、天国、極楽。

でかい250Wのアンプだけどピークで0.2Wくらいしかメーターは振れていない。Yoshii9のアンプにすればもっと素晴らしいと思う。後の楽しみにしておく。

~天才ばかぼんさんの日誌より~

===
2009.8.30

先日は宮崎から (KUDO.T)さん、昨日は名古屋から(たくぼん)さん。
何れもYoshii9のユーザー。Yoshii9以上のものはないと思っていて下さっていたのに、まだその上があると知られて、罪なことでした。
でもGS-1は別世界。現世ではYoshii9が最高です。

私も25年前造ったきりで、それ以後GS-1が造れないので、心穏やかで無い日を過ごしてきました。ここ10年GS-1に火を入れなかった理由の一つです。

~天才ばかぼんさんの日誌より~

===
再生の究極はホーン型になります。
Yoshii9は直接放射型の究極の性能です。
GS-1は過渡特性、歪み特性が1-2 桁違います。
Yoshii9も従来スピーカとは1-2桁違います。
1-2桁違うと違う世界となります。

===
従来アンプやプレーヤーで(GS-1)聴いてられる人も多く、たくぼんさんまでの音を聞いて居られるとは限りません。 皆さん60点くらいで感激されています。
従来のハイエンド究極オーディオが、ゼロ戦、メッサーシュミットとしても
プロペラ機はジェット機と桁が違います。

===
GS-1の高調波歪みはB&Kjの測定器で計れません。
インパルス応答はアンプの出力端子で見るのと同じです。
これらのデーターはタイムドメインのホームページに在ります。

==
GS-1を造っていろいろなことも判り始めたのです。
ケーブルのこと、ホール部屋のこと、アンプが大変不備なと、プレーヤーや他の機器類のこと。

何を変えてもGS-1でははっきり判ります。
それまでの「好み」で評価する世界から、「よい悪い」で評価出来る世界となりました。

まだ従来オーディオの世界では、よい悪いと好き嫌いをごちゃまでにしていますので、前へは進めません。長年ぐるぐる廻りを繰り返しています。


===
38cmウーハー全盛時代に20cmウーハーです。
TWダイヤフラムも7cmです。

全体の大きさもハイエンドシステムよりは一回り小さい。
JBLや、タンノイ、アルテックのスペースと置き換えられる。

マニアのホーンシステムも据え付けでどでかいものでしたが、はるかに小さい。

直接放射型では出来ないタイムドメイン再生を実現したのがyoshii9,さらに一般化したのがMINI,lightです。

何れも従来オーディオでは不可能とされていたものです。


===
GS-1発売の少し前、TADの38cm2発のシステムが発売されました。
GS-1を聴いたユーザーが、幾らでもよいから購入後1ヶ月のTADを引き取ってGS-1を入れてくれ、と言う話が有りました。
TADの引き取り手はすぐには見つから無かったのですが、引き取らせてGS-1に満足していただいたと言うエピソードが有ります。
GS-1を聴いたからには、他は、増してでかいのは見るも嫌だ、と言われたそうです。九州の著名な方です。

===
 

TD090929バッテリー・プレーヤー等の支持

インシュレーター







あちこちのコミュの関連なのでこれだけでは何の事か分らないけど。

オーディオ機器の筐体の支持にはこの様なものが高性能ですが、相当性能の高いシステムでないと効果は出ないでしょう。

機器の大きさに合わせて作り使っていました。
この通りでなくともこの様な働きをするものを作れば良いでしょう。
写真はCDディスクマンに使ってたものです。3っつ要ります。


コメント

コメントを書く

たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年09月29日 20:57
金属の削りだしですね。一体もので点接触が可能なものですね。造るとなるとコストが・・・

私は・・4mmの丸頭木ネジを3cm□の木のブロックに挿したもの3つで代用してます。(完全な質量不足ですが・・)

YA-1を駆動する車のバッテリーの下に敷いてましたが、それなりの効果はありました。低音の篭りがとれるとともに、高音が若干クリアになりました。

ipodのDOCKの下は単2の乾電池三本で支えてます。
天才ばかぼん 2009年09月30日 05:39
点接触ではそれで良いと思います。

さらに振動を逃がすとすればベアリングになります。
たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年09月30日 06:53
ベアリリングですね・・・

小さいのがたしかどこかにあったはずです。探してみます。

ベアリングにパチンコ玉のせたりしたもので、点接触にしても効果的でしょうか?

それとも、接触面で変な振動が付与されてしまう可能性があるでしょうか。
天才ばかぼん 2009年09月30日 10:49
玉が受け皿の上でころころ動くようにしてあります。

リング上に組み上げたのもをベアリングと言いますが、ボールそのものをベアリングと言います。
ころころで振動は逃げますが、受け皿でボールが逃げないようにしました。
ボールの精度が高く、受けが滑らかなのが良いです。
たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年09月30日 14:19
軸受けのベアリングしか知りませんでした。ボールそのものもベアリングと呼ばれるのですね。勉強になりました。

1ピースの削りだしではなく、2ピースで構成されているのですね。
ボールが逃げないというのがポイントになるかと思います。逃げてしまってはその場にとどまることができませんから。受けの素材はプラスチックやゴム、テフロンのような弾性体はNGと思いますが、布や綿の類でしたら問題はすくないでしょうか。

参考にさせていただきます。
天才ばかぼん 2009年09月30日 14:39
済みません。鋼球=ベアリングではありません。
軸受けをベアリングと云うので、回転軸を単球で受けてる場合もベアリングと言うようです。
ボールを使わない砲金軸受けもベアリングと言ってますね。
たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年09月30日 16:05
軸受けとしてのベアリングには玉形状でないものもあり、いろいろな種類のものがございます。

今回のポイントは玉に点接触で接地されて伝わった振動を、玉と皿と接触部がXY方向には固定されていないことで、振動を分散して逃がすということがポイントなのですね。
天才ばかぼん 2009年09月30日 17:31
X方向の振動ベクトルだけは残りますが、一点は支持しなければなりません。
電気回路の一点アースと同じです。

3点アースではありますが、アースで回路(機構)を流れる電流(振動)が安定します。
1点アース(やじろべえ)にすれば良くなりますが、これは難しい。

ビルゲイツに聴いてもらった試作品は、アンプもスピーカもやじろべえです。
Yoshii9のスピーカはほぼ、やじろべえ等価です。
たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年09月30日 19:17
バッテリーとYA-1の1点支持にトライしてます。(不可能だとは思いますが・・・) さすがにGS-1の1点アースは・・・・・ 私には無理です。
玉を接触する面を円弧にすることによって、XYZ方向の振動がすべて緩和されるのですね。
何とか、機械的にも、電気的にも1点接地をめざします。

PS なぜかこの玉と受けの接点の事を考えてましたら、ハイゼンベルクの不確定性原理を思い出しました。

TD090920たくぼんさんへ鉛電池の紹介

バッテリー







写真のものを使っておりました。
昔、電解コンデンサーの替りにこれを内蔵したアンプを考えておりました。
当初40,000μFのコンデンサーを内蔵しておりましたが、このバッテリーはFとなります。
放電時間から計算すると幾らかは忘れましたが(計算してみて下さい)
μFでは無くFとなります。蓄電器と蓄電池。器と池の違いです。
音の良さは容量では決まらない事もあって、今はトランス式です。
でもこのバッテリーは音がよいので試されれば。メーカー保証失効。

Yoshii9AMPでGS-1を終日鳴らせます。大きさはリンゴくらいの容積です。

機器組み込み用の密閉型です。



コメント

コメントを書く

たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年09月20日 16:16
40,000μFどころか、これは・・・・確実にμが取れてしまうレベルでしょうね。わーい(嬉しい顔)
私のYA-1はアダプターにですが鉛玉がすでにめり込んでますので、すでにメーカー保証失効してます。(^^)

YUASAのバッテリーでりんご大でしたら、だいたい目星をつけることがdけいます。2セット準備すれば24時間体制になりますね。

早速充電器とあわせて検討させていただきます。
ありがとうございました。
1914 2009年09月20日 16:58
横レス失礼いたします

ワタシ
乾電池駆動で
Yoshii9エンジンを鳴らすのですが(メーカー保証失効^^;)
それとは次元の違う音質が得られるのでしょうか?
1914 2009年09月20日 17:00
http://item.rakuten.co.jp/toei-e/10000205/

こちらにありました
天才ばかぼん 2009年09月20日 18:45
乾電池はホルダーを使わず、直接ハンダしてつかってました。
銘柄と支持の問題で自分で聴くしかありません。

電気特性は音とは余り関係ありません。機械振動(圧力波、P波)の問題。
YUASAの2AHモデルも何種類かあります。
あのずんぐり型が音が良かったです。
平形も、長方型もずんぐり型も、同じ2Vユニットが6ヶ入ってます。
ハウジングも同じ材料です。
ですから電気特性は全く同じです。

タイムドメインは先ず機械振動で考えます。
機器は全て電気特性ではなく電気機械特性で考えます。
天才ばかぼん 2009年09月20日 18:55
1914さん紹介のWebにYUASAの同モデルがありましたね。
充電器もあるはずです。

モデルが同じでも製法、材料、構造が変わっていない事を祈ります。
性能、コスト向上の為どんどん変えて行きますが、音のことは考えてくれません。
(蛇足)
ニッカドやリチュウムの音が悪かったのは、電極材料と構造の問題でしょう。
鉛は変な音(機械振動)しないでしょうし、ハウジングもがっちり振動しないからよいのでしょう。
振動が信号に畳み込まれてしまっては振動とラップでもトラップ出来ません。
たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年09月20日 19:30
簡単な計算を・・

YA-1のランプは電源OFFしてから約2secで消えます。
終日を24時間とすると86,400sec。
YA-1のACアダプター内のコンデンサは15,000μF

比例計算をすると

2sec:86,400sec=15,000μF:XμF
     X=6.48*10^8μF

すなわち X=648Fとなります。


1914 2009年09月20日 19:56
お話を伺うのはとても楽しく、久しぶりの知的興奮です!

かなしいかな
全くシロウトゆえ。
肝心なことがわかりません
質問をしてもよろしいでしょうか?

例えば
乾電池や
蓄電池
などの
電源部からの
機械振動って言うのは

何が原因で、どのように発生する物でしょうか?

それが
電気的に
折りたたまれて
アンプに
伝播してしまうのですか?
たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年09月20日 20:11
先日のキャパシタの追試で、振動が信号に畳み込まれて、振動トラップでは効き目のない振動があることを認識いたしました。
振動はモードが簡単でかつ、少ないにこしたことはありません。しかし、いくら簡単な振動でも、それが原因で信号に乗ってしまっては手の打ちようがないです。

1914 2009年09月22日 18:52
たくぼんさん
ありがとうございます

コンデンサや乾電池・蓄電池

機械振動(ノイズ)
の原因となるなど
思い及びませんでした。

天才ばかぼん様
>乾電池はホルダーを使わず、直接ハンダしてつかってました。
うーん
さすが
ホルダ-が
振動の原因などになるんでしょうか?


>モデルが同じでも製法、材料、構造が変わっていない事を祈ります。
はい。
ワシも試してみたいですから。

ありがとうございました。
天才ばかぼん 2009年09月22日 19:15
1924さん
電気信号が素子に加わりますと応力(圧力)が発生します。
電磁、静電、圧電、熱電、高分子・・・あらゆるメカニズムで。
圧力波は何処へでも伝わります。金属では-0.1dB/100m。
発生した圧力波が素子に伝わると、望ましくない電気信号を発生します。

この様なメカニズムで信号は壊されます。
高調波歪みのような単純な歪みではありません。
時間系の歪みですから、取り戻せないし、補正も出来ません。
歪みではなく信号の崩壊と消滅です。
時間です:TimeDomainです。

世のオーディオ機器は全てこの原理が分らず作られています。
電気特性より電気機械特性が機器の良否を決めています。

TD091001 GS-1コンセプト貴重

コンセプト2コンセプト1













9月中にGS-1の新ユーザーが3名も急増したので、旧ノートを披露する。
1983 3/7社内説明会資料。GS-1の味噌の集積、当時社外秘

右の円椎はタイムドメイン音質の考え
・忠実度が上がれば色付けが少なくなる。
・GS-1はその頂点を目指す。
・忠実度が低くなるほど色付けの世界となる。

⇒世間では色付けと忠実度をごちゃまぜにして評価している。
⇒色付けには好みがあるが、忠実度は高い方が良い。

GS-1は(当時はSH-1 スーパーホーンと呼称していた)
 ・時間、音の形の再生(後タイムドメインと命名)
 ・超高忠実度再生
を特徴とする


コメント

コメントを書く

たくぼん | 自分のコメントを削除する 2009年10月01日 22:00
ス スゴイ・・・

構想の段階で、ここまでもう煮詰められていたのですね。
全域抵抗制御なんて、誰も考えなかったのじゃないでしょうか。

私の日記に書かせていただいておりますが、自室のGS-1は天才ばかぼんさんのご指導のもと振動インシュレート、バッテリー駆動、初期反射対策、精密な設置などをすすめるにつれ、どんどん音の色づけがなくなってきてます。

貴重な資料、ありがとうございました。
○しま 2009年10月01日 22:27
この当時に行き着いてしまったのですね。

この時のコンセプトや信念を貫き通して
今のTimedomainがあるのですね。

音楽の素晴らしさを伝えることができるシステムシステム=感動を与えることができる
凄いです。

何もひかない・・・何も足さない
Larry 2009年10月01日 23:11
天才バガボンさん

高実忠度の「先祖還り」です。逆円錐形が一方にあります。

すべては自分が創っている宇宙。意識と思考。

高実忠度と色付けの隙間が次元の入口。

「中間子」の存在がキーになっていく。

N O T E は 意識と思考の証明。
天才ばかぼん 2009年10月01日 23:18
Larryさん
 ですね!
2009/10/01

パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第一番 (ヒラリー・ハーン)

3168CR2K92L__SL500_AA192_








パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第一番
演奏: ヒラリー・ハーン, スウェーデン放送交響楽団
指揮: 大植英次

Yoshii9での再生です。ティンパニとシンバルだと思いますが冒頭から低音に圧倒されます。バイオリンからのマイクのきょりが適切なのか音像が大きすぎず、適度に中央に定位してます。
ハーモニクスもきれいに弦が2本から音がでているのが分かります。

私にとってはこの曲を一番気持ちよく聞くことができるCDです。
2009/09/30

1.改善の原理 (基本的な考え方)

4



《 天才ばかぼんさん語録 》

  1.改善の原理 (基本的な考え方)





哲学的な内容ですが・・・・

天才ばかぼんさんの日誌より

~改善の原理 ~

===
悪いところが10ヶ所あったとします。同じ程度の悪さと仮定して。
悪そうな所を見つけて改善すれば、それが的確でも10が9になるだけだから殆ど分らないくらい。
小さな改善と思っても次々やれば、9が8になり、8が7になり、終いには2が1になり(改善6dB)、1が0になるときは大きな変化で驚きます(20dB以上)

こうなった時
小さいと思っていた箇所を元へ戻すと、0が1となりめちゃ悪くなります。
小さいと大きいは絶対値ではないのです。そのシステムのレベルによるのです。

この様な原理ですから、小さな改善も小さいと思わず、根気よくやれば大きな変化となります。
GS-1やYoshii9でよく分る変化が他システムで分らないのは、悪いところが桁違いに大きいので、変化が分らないのです。

GS-1を75点で鳴らすには根気が必要です。

===
要素はそれぞれ独立です。
改善効果は、その時の悪さの絶対値に対して効きます。

===
ある悪さが2まで改善され、その内のAが1なら、Aを0にすれば、悪さは半分に、6dBの改善になります。
音の良さは2倍になることになります。

===
1を良くすれば1良くなる。これを100集めれば100になると言う話ではないんです。100しか良くならないのです。
現象としてはプラスの積み上げ。積み上げただけのプラス。
終点の理想値はありません。無限大?。従来日本伝統

言いたいのは
 1にしか見えなかったものが、本当は100の価値があったんだ、と言うことです。
オーディオではマイナスをどれだけなくすか。マイナスの無いのが最高の終点です。最後のマイナス1を無くすれば1だけ良くなるのではなく、無限に良くなるのです。理想値としては0。

同じ悪さの悪い箇所が10ヶ所あったとして、AからJまで名を付けて。
最初にAを試すと、差が殆ど認められず音質に関係無しと思ってしまいます。
BからJまで全て良くした後、Aを試みれば、こんどはその大きな変化に驚くはずです。

この理屈が分れば、例えば
少しでも良くなる事が分かれば、Aは微々たる変化だからとは思わず良い方にする。
B,C,D・・・とやって来て、またAへ戻るとAの変化は以前より大きく、まだ良くなる、のが分る。

どんどん良くなり、後戻りはありません。

世のオーディオマニアはこの原理が分らず、同じことの繰り返し。
同じレベルを行ったり来たり、ぐるぐる廻りをしています。

===
人間の感覚はすべてdBです。

給料20万の人が20万上がって40万になったのと、300万の人が20万上がったのとは同じではありません。
20万が40万なら6dBの喜び、300万の人は600万にならないと同じ6dBの喜びにはなりません。

 

Jacintha:Autumn Leaves: The Songs of Johnny Mercer

recto-91

Jacintha:Autumn Leaves: The Songs of Johnny Mercer

天才ばかぼんさんの日記より

 iPhoneを繋いで、Jacinthaを聴いている。Days Of Wine & Roses ワインも薔薇もないけど、CaptaineBlackを燻らしながら彼女の囁きかけるスローバラードを聴いているのは超贅沢、天国、極楽。


とのことでして早速購入いたしました。Classic一辺倒だった私が、Jazzを聞くきっかけとなったCDです。

秋の夜長に・・・・

2009/09/29

0.タイムドメイン技術の情報の公開

4

 

 

 《 天才ばかぼんさん語録 》

  0.タイムドメイン技術の情報の公開




天才ばかぼんさんの熱い思いです。御一読ください。

===
今までは、旧世界、異端狩りの攻撃を怖れて、発言もしておりませんでした。
タイムドメイン伝道者して下さった方も傷つかれたようです。

MIXIでは変な人がいないので、発言を始めました。
インターネット上の発言も四面楚歌ではなくなって、タイムドメインオーディオ技術フォーラムをする気になりました。

旧体制と喧嘩するのではなく、新世界を紹介する形で啓蒙的に。
又、新世界で楽しくわいわいやっている姿を知ってもらうのは良いかと。

我々の基本は理論的、実証実験に裏付けられたもので、オカルト的でも、眉唾でもありません。インターネット、オーディオ誌にオカルト的な記事や商売も散見され義憤を感じてきました。

この辺で旧大陸のアンシャンレジュームから新世界へ、と思います。
iPhone、iPodなども新世界の産物でしょう。

数年前Apple社の研究所へ行った時、彼等は熱心に云いました。
フォワード・ツウ・リビング。
Macで、リビングルームで音楽を聴き、映像を楽しみ、人と歓談する。
 計算機⇒オフィスで表計算⇒自宅でインターネット⇒リビングでの楽しみ
彼等は創業AppleIIから映像と音を、楽しみをテーマにしていました。

MS-DOS,Windowとは目指す世界が違います。
話は脱線しました
新世界の素晴らしさを世界へ拡げたいです。
アンシャンレジュームの支配から解放されることを願います。

どんどん公開広報されれば良いかと。最初は誤解や理解が困難でもどんどん理解され広がります。

たくぼんさんも、電気特性でなく、機械特性です、との話は理解の外だったと思います。

===
昔でしたら、異端を唱えるものとして、旧大陸支配者の異端審議者の判決により、一同火あぶりです。

 

2009/09/28

天才ばかぼんさん語録

4



 《 天才ばかぼんさん語録 》





このたび、GS-1という究極のタイムドメイン再生装置を手にいたしましたが、到底私の手に負えるようなものではありませんでした。
GS-1が到着する前日に、天才ばかぼんさんのご自宅のGS-1の音を聞かせていただくとともに、タイムドメイン再生とはなんぞや!ということをお聞かせいただきました。たった半日という限られた時間でしたが、あの時間がもしなかったら、私のGS-1の音は迷走していたことでしょう。

GS-1のセッティングのみならず、アンプ、バッテリーに至るまで、これまでに、お教えいただいた内容をうずもれさせてしまうのはあまりにももったいないとおもいます。いずれ、天才ばかぼんさんが集大成として書籍にまとめられるとは思いますが、私なりに理解した内容、いただいたコメントをまとめまして「天才ばかぼんさん語録」として書き記させてただきます。また、今後もご指導いただきました内容についても追記していこうと思います。


最後になりますが、天才ばかぼんさん コメントなどの貴重な文章の転載をご許可いただきありがとうございました。

新たなるGS-1ユーザー

~新大陸へようこそ~

正確にいいますと、2名のYoshii9のユーザーさんが新たに昨日、一昨日で、GS-1のユーザーとなられるとのことです。GS-1の情報が共有できる仲間が増えてうれしく思います。

仙台のハードオフに状態の良いGS-1が2セットあるとの情報を先週しいれました。その情報をMixiをミクトモの方にお伝えしました。
中古といえ、決して安価な買い物ではないはずです。みなさん、素晴らしくパワフルです。

今でも実際にGS-1をほしい方はおられると思います。実際にGS-1を所有できるかどうかは、GS-1に出会うか出会わないかの違いだと思います。縁、運命の類ですね。

なにはともあれ、こんなに素晴らしいスピーカーを眠らせておいてはもったいなすぎます。GS-1の真価はつかってこそ発揮されます。

GS-1は残念ながら生産数量、サイズ、製造時期などのことを考慮すると一般的なスピーカーではありません。

この音を手軽に楽しむことのできるタイムドメイン方式のスピーカーのユーザーが広がったらいいなと思っております。