新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

試聴用DACの回路変更


TDA1545Aは時流に乗っていない16bit 192Khzまでの対応というばかりでなく右詰めフォーマット入力という事もあってSamizu AcoutsticsさんのTLT-1545AはTDA1545AのIV変換用ではなくライントランスで使われている方が殆どだと思います。しなしながらTLT-1545Aの真骨頂はやはり元々の設計目的のTDA1545AのIVトランスとして使用したときに最高のパフォーマンスとなります。TDA1545Aを利用するには一般的なUSB-DDCのI2Sシグナルをシフトレジスターを使って右詰めに変換したり、WM8804やAK4113/8などのようなDAIなどの右詰めフォーマット出力が可能なものを使う事となります。
 TDA1545AはDAC内部の構造がシンプルなのに加えて、出力に3Vのバイアスが必要など電源の品質がそのまま音に現れますので、一般的な電源を使う場合はなかなか良い結果が得られないのも事実です。
 SamizuAcousticsさんで販売されているTLT-1545AをIVトランスとして使ったNOS-DACには大型のトランスとチョーク、そして高性能のフィルムコンデンサーのチョークインプットで構成された電源似寄る供給となっています。しかしながら、手軽に楽しむにはやは安定化電源やACアダプターなどとなります。そこで、これらの電源をつかってもある程度の音質が得られるように回路の変更をしました。電源入力の極性を間違いや、多少の過電圧でも壊れないような使用上の安全面も考慮して試聴用のDACの電源回路を組み替える事にしました。
極性間違いへの対応としてダイオードを追加するとともに、電圧の調整をTPS7A4700で行う回路としました。手持にはTPS7A4700の基板が数種類がありましたが性能が高いrtm_iino様製作のもの(非売品)とTIの評価基板を用いました。
DAC

大容量の電解コンデンサー(Panasonic )とBP5、小容量のフィルムコンデンサー(WIMA)で構成された電源フィルターを以前は3Vと5Vそれぞれに使っていましたが、外部電源の影響を少なくするするために、まず1段目の大容量のコンデンサーとπ型フィルターで受けて、rtm_iino様製作のTPS7A4700基板に接続して5Vに降圧します。この基板上には20VのOS-CONをとりつけてありますので、15V程度が供給最大電圧となります。ここからTDA1545AのDVDDに入力します。5Vを分岐して大容量のコンデンサーとπ型フィルターで受けた後、TIのTPS7A4700へ供給して3Vへ降圧します。この3VはDAIのWM8805とTDA1545Aの出力バイアスとして供給します。電解コンデンサーは位相とインピーダンス変化の緩やかな
Panasonic FCとOS-CONをつかいました。試聴用DACはトランスIV専用の構成ですので電流出力となっています。
実際にこれを貸し出す予定の型はすでにライントランスの構成のTLT-1545Aをおもちということでしたので、そのままこの試聴用DACのIVトランスとして使えるようにIVケーブルを作成しました。

スクリーンショット 2019-03-02 12.24.00
一番手っとり早いのはケーブルに抵抗をとりつけることですが、取り付けられる抵抗のサイズに制限がありますので、IVボックスとして、WE板抵抗などの大型の抵抗をいれたボックスを準備したほうが良いともいます。

※試聴用としてこのDACは作成したのですが、嬉しい事に御試聴された方に気に入っていただけたようでお譲りする事となりました。(^^

配線の振動対策

2月にはいって急に本業が忙しくなってなかなか機器の改良をするまとまった時間を取る事ができません。働き方改革は過渡期ということもあって、いろんな歪みがでてますね。

さて、オーディオ機器の音質を決める要素を私はこのように考えています。

電気回路>部品特性>振動特性

その中でも振動対策は単純明快で適切に実施すれば良くなる方向になります。しかしながらガン玉を使った振動対策を行うと運搬したり配線を取り替えたりする事が難しくなるので調整の最後の最後にやることにしています。ガン玉を単線に挟んでとりつけるのは滑ってしまって難しいため、挟み込んだところに鉛ハンダを流し込んで固定しています。また、むき出しのガン玉がどこかに直接触れると、振動モードが変化してしまうので天然素材で包んでいます。直接ビニールテープなどで絶縁してもいいのですが、伸縮性のある素材ですとストレスが加わってしまいます。ケーブルの被覆を剥がして天然素材で包み直すのも同様の振動対策です。
ガン玉の取り付け方ですが、配線の端に聴診器をあてて、反対側の端を爪でコリコリやって伝搬する音が減衰するまで数を増やしていく方法です。完全に減衰せずとも少なくなるだけでも効果を感じる事はできるばずです。
聴診器
真空管アンプの場合、構造上振動が発生してしまう場所は真空管とトランスです。そのため其々をつなぐ経路の配線を重点的に制振対策をしました。
音のチェックですが、片側のチャンネルずつ施工して音場の広がりを確認します。施工した側に広がった場合は反対のチャンネルにもとりつけます。
AMP
※赤丸部分がガン玉を取り付けた場所となります。

また、アウトプットトランスの2次側のスピーカー出力については、このようなフィルターを準備しました。このフィルターですが細かい事をいうと突っ込みどころ満載ですが効果は結構ありました。
FILTER
AFT model7のスピーかー配線にはゴアテックス社のミルスペックの0.3mmnポリイミド被覆線をつかっているので、同じ配線の被覆を外して製作しました。余談ですがこの配線ですがポリイミド被覆を外して天然素材で巻き直した方が高音質です。
FILTER2
制振対策はアンプ以外の部分でも有効です。簡単で効果的なチューンナップです。


6GB8シングル トランス結合の検討(TLT-1010ssWJ)

これまで、増幅段とパワー段の結合は作例も多く回路も簡単なこともあり最も一般的なCR結合の構成としてきました。この結合コンデンサーで音質が変わる事は周知の事実で、オリエント電源を使った構成の場合は1uF以内の比較的小さい値の物が用いられていました。ファインメット電源を使った場合ですと増幅された低域のパワーを伝え切る事ができないと感じたため1uF〜2.2uFとしてきました。
この部分ではHPFの構成になるため、低域のカットオフ周波数を計算をするのですが、どちらの場合も可聴以下となっています。ただ、コンデンサーの特性上電荷をためてから放出するという特性があるため、時間的なずれが発生します。DCをカットする方法にトランスをもちいたものがインターステージ結合と理解していますが、以前ファインメット電源の構成でオリエントコアの有名どころのコアを使ったテストをした事もあるのですが、芳しい結果が得られませんでした。
先日の打ち合わせの中で、インターステージトランスに求められる特性が話題になった際に下記の事が上げられました。

 1.周波数特性はともかく位相特性が最低限可聴域でリニアな事
 2.巻線比は1:1
 3.DCRはできるだけ低く
 4.コアを飽和させない領域で使用する

さすがにこのようなトランスはありませんでしたので、ライントランスのTLT-1010(以下1010)を使ってテストしてみました。このTLT-1010ですがアンプの回路構成で想定されるような電流を流すとすぐに飽和しますし、DCRも決して低くありませんのでインターステージトランスとして使うにはかなり制限されます。

6GB8シングルの増幅段のカソード抵抗は390Ω。電圧は2.5V程度ですので無音時に7mA程度が流れています。この値が1010に対して大きいのか小さいのか確認したところ、かなり大きい数字で仮にここで1010を使うとした場合、最低でも直流磁化の影響を少なくするためにGapをもうけるべきだという事でした。
まあ、始めてのファインメットコアでのインターステージの取り組みでしたので味見だけでもできるだろうということで段間結合コンデンサーを取り外して組み込んでみました。
1010
出力された音ですが、TLT-10101のリニアな特性もあいまって音質はコンデンサとは別次元のものでした。以前パラフィード方式で段間結合コンデンサで直流をカットしてからパワー管との間に1010を設置したことはありますが、そのときの音とも全く異なります。
やはり、信号ラインにシリーズでコンデンサーを配置することは、相当な音質の劣化を感じずにはいられません。私に取っては、けっこう衝撃的な結果でした。
しかしながら、やはり低域が弱くなる傾向でした。専用に設計されていないので仕方がないかもです。室内楽や声楽は相当気持ちよく自然に聴こえました。トランスの使い方を変えていろいろ試してみようと思います。
回路図はこんな感じです。
!6GB8 -Interstage3

TVC(差動Ver)の整備

我が家のTVC(Trans Volume Contorl)ですが、4コア(大サイズ)のファインメットオートトランスの構成です。
4コア全て使った場合は差動となり、2コアのみ使った場合アンバランスとなる配線としてありました。
TCV中身

Samizu Acousticsさんで販売されているTVCは複数の種類があります。
  1. 2コア(小) 
  2. 入力TLT-1595,2コア(小),出力 TLT-1010
  3. 2コア(大)
  4. 入力TLT-1595,2コア(大),出力 TLT-1010
  5. 4コア(大)
  6. 入力TLT-1595,4コア(大),出力 TLT-1010
個人的にTLT-1595はあまり使わない傾向で、ライントランスはTLT-1010を常用していました。
折角4コア(大)のものがあるということで、現状のほぼMAXの仕様としまうべくTLT-1010を2セット導入し
て、

    7.入力TLT-1010,4コア(大),出力 TLT-1010

という構成にしてみました。
52097725_2102961669786618_7133146062461599744_n
更にコアサイズの大きいTLT-1545Aがありますが、TVCのコアサイズがそこまでのサイズでないため宝の持ち腐れになるので、現段階でのMAXの仕様に早変わり。




試聴用DAC TDA1545A+TLT-1010Multitap Ver

DACの改造の相談をいただいたのですが、どうせならTDA1545AのファインメットトランスIVの音を聴いてもらおうという事になり、非常にマイナーなTDA1545AのDACですが、試聴機をつくってみました。
基板は、ずット前に基板を起こしたWM8805とTDA1545Aが1枚に乗ったもので、電流出力の構成でのくみ上げです。
DACとトランスIV
今回は一般的なマルチ電源をつかわれるとのことでしたので、5Vと3Vの系統の供給として、それぞれにPanasonic FC 2700uFとWIMA 1uF、ファインメットビーズBP5でπ型フィルターをつけました。
TDA1545Aを電流出力でIVをする場合は、トランスには3Vが基準電圧となります。そのためDAC側には独立してGND端子をもうけました。
この基板は抵抗IVの構成とすることもできますので、その場合はこのGND端子はつかわずにそのままつかうことができます。
さて、今回の修行の旅先の主は、先にSamizu Acousticsさんから発売されたTLT-1545Aはすでにライントランスとして構成されたものをお持ちという事ですでにライントランスとしてお使いになられているということでしたので、TLT-1010 Multitap VerをSamizu Acousticsさんからお借りしてIVステージとして使いました。このTLT-1010 Multitapですが、ESS9038などの複数出力を磁気合成する目的で開発されたものですが、1出力のDACでも4つの入力へパラで接続することでDCRを下げる事ができ、1入力の物と比較すると高音質化がはかれます。
IVについては、1次側と2次側の基準電圧を端子出しにすることで、TDA1545Aの3Vを一次側にうけて、二次側をGNDに落とせる構成としています。ライントランスとして使う場合は、1次側と2次側の基準電圧端子をつないで使う事になります。
Panel

電源の入力部にケミコンをつかったことで、ケミコンレスファイト電源と比較すると音にシビアさがなくなる方向となりますがBP5をつかったことで一般向けの電源でもある程度使えるレベルになります。

ここからのグレードアップは、もちろんTLT-1545AをつかったIV変換、ケミコンレスファイト電源ですが、この辺りはSamizu Acousticsさんがすでに準備されてますので、試聴をしていただいてからの楽しみですね。

AFT model7用励磁電源

Audio Feastさんから AFT model7の励磁電源に関するアナウンスがありましたので、またまた勝手に翻訳してみました。またまた勝手にはしょりながら翻訳しましたので、間違いがあるかもしれませんが・・・もちろんターゲットはシグネチャーモデルです!

リンク: Audio Feast   AFT Fieldcoil Power Supply

===ここから===

AFT 励磁電源  
Contact:     Audio Feast(CleanUnderwear@gmail.com) 日本語可

AFT model7の励磁コイルへ最適な電源電圧は6.5Vで電流は250mAです。そして左右チャンネルにそれぞれ各1台独立した電源で供給します。励磁コイルはオーディオ用のトランスと同じような動作をします。そのため左右のチャンネルを共通の電源から供給するとお互いに干渉してしまいます。(図2)
また、電源供給は全体機にに対して、オープルーブ回路においてローインピーダンスかつ位相的にフラットであることをお勧めします。図1は基本的な励磁電源回路です。シンプルな回路ですので、電源を構成する部品の特性はとても重要です。

Xfrmer1:custom FINEMET power transformer
L1: custom FINEMET choke
C1: film capacitor 
D1, D2: SiC Schottky 

図 1. 基本的な励磁電源回路

定電圧電源や定電流電源はお勧めいたしません。励磁回路はアンプからの音楽信号を受け取り、励磁電源へ渡します。
そのため、定電圧(定電流)電源ですとうまく受け渡すことができません。図2

蓄電池?電池は静的です。私たちはこれまでオーディオ周波数帯域でリニアに反応できる蓄電池を見つけるに至っていません。蓄電池も一定の電圧(電流)を供給するためにはレギュレーターが必要です。蓄電池の技術は日進月歩ですので、近い将来よいものが現れるかもしれません。

エントリーモデル:

資金が不足している場合、このエントリーモデルは良い出発点になります。これはFIMENTコアチョーク(L1)を使用しています。 FINEMETコアチョークは非常に高速で、非常に安定した位相応答を示します。 LC値は最適化されています。大きいC値は必ずしも良い結果となる訳ではありません。

Xfrmer1:Oriented grain core power transformer
L1:FINEMET choke small 100mH
C1:Panasonic FC 3300uF 35Vdc
C2:CDE 944U 33uF
D1, D2:SiC Schottky diode



図3. エントリーモデル 励磁電源

エントリープラスモデル:
このエントリープラスモデルは、コスト/パフォーマンス)が高いモデルです。エントリープラスモデルで使用されている電源トランスやチョークのコアはすべてFINEMETです。FINEMETコアチョークは非常に高速で、非常に安定した位相応答を示します。 LC値は最適化されています。大きいC値は必ずしも良い結果となる訳ではありません。

Xfrmer1:FINEMET power transformer 30VA size
L1:FINEMET choke 30VA size 150mH
C1CDE 947C 600uF (or 944U 220uF x3)
C2:CDE 944U 33uF
D1, D2:SiC Schottky diode


図4. エントリープラスモデル励磁電源

スタンダードモデル:

電源トランスやチョークのコアはすべてFINEMETです。FINEMETコアチョークは非常に高速で、非常に安定した位相応答を示します。L2チョークは180VAサイズで非常に低いDCRの特性となっており、音質を決める鍵となっています。LC値は最適化されています。C1,C2の容量を異なる物を使った場合音質的には悪くなる方向になる傾向です。

Xfrmer1:FINEMET power transformer 30VA size
L1:FINEMET choke 30VA size 150mH
L2:FINEMET choke 180VA size 650mH
L3:FINEMET choke 7mH 1A
C1CDE 947C 600uF (or 944U 220uF x3)
C2:CDE 944U 100uF (or 944U 33uF x3)
C3, C4:Urushi 0.1uF 1000Vdc 
D1, D2:SiC Schottky diode



図 5. スタンダードモデル励磁電源

シグネチャーモデル:

電源トランスやチョークのコアはすべてFINEMETです。FINEMETコアチョークは非常に高速で、非常に安定した位相応答を示します。L2チョークは180VAサイズで非常に低いDCRの特性となっており、レスポンスの早さや安定感など音質を決める鍵となっています。LC値は最適化されています。C1,C2の容量を異なる物を使った場合音質的には悪くなる方向になる傾向です。

Xfrmer1:FINEMET power transformer 90VA size
L1:FINEMET choke 180VA size 0.65H
L2:FINEMET choke 360VA size 1.33H
L3:FINEMET choke 7mH 1A
C1CDE 947C 600uF (or 944U 220uF x3)
C2:CDE 944U 100uF (or 944U 33uF x3)
C3, C4:Urushi 0.1uF 1000Vdc 
D1, D2:SiC Schottky diode

図 6. シグネチャーモデル励磁電源

その他のコンポーネント:

AC 電源ヒューズ:   
3A スローブレークタイプ

コネクタ:
6.5Vdc / 250mA はNeutrikの電源コネクタを推奨いたします。


Figure 7 Neutrik 電源コネクタ


AFT 励磁電源キット:

AFT 励磁電源キットには電源トランスとチョークだけの構成となっています。(その他の部品は他で準備する必要があります。)日本への送料は無料となっています。

エントリーモデル:          価格未定
スタンダードモデル:      価格未定
シグネチャーモデルl:     価格未定

左右独立タイプ励磁電源完成品:

完成品をご注文の際にはするには、在庫状況についてお問い合わせください。

エントリーモデル:          価格未定

スタンダードモデル:      価格未定
シグネチャーモデルl:     価格未定

AFT model7 試聴

米国AudioFeastさんオリジナル励磁ユニットAFT model7はを国内販売代理店のSamizu Acousticsさんへお邪魔して聴かせていただいて、速攻で1セット予約が始まったらリストに入れていただくようにお願いしました。しかしながら、いてもたってもいられず自分環境で試したい衝動に駆られて無理矢理SamizuAcousticsさんにもってきていただき拙宅で試させていただきました。

model72

Stillpointsの上にポンと置いただけでで、アンプはAll Fimet 2A3 Single,  DACはTDA1545A TLT1545A IVに接続して再生しました。
7inchというサイズなのですが地響きレベルの低音も遅れることなく再現され、高域もスーパーツイーターがどこかに隠れているのではないかと思うぐらい伸びていました。音場形成の正確さはGS-1と方向性が同じで、その解像度はGS-1の数段上のレベルで音楽が始まる前の無音時でも場の雰囲気がわかるほどです。また、直接放射型ということでホーンのような抑圧的,威圧的?な音でなく、開放的なストレスフリーの音で聴いていて本当に自然です。タイムドメイン的な観点からみても、時間軸に凄まじく正確な音が出力されない限りこのような音にならないです。

Samizu Acousticsさんと一緒に取っ替え引っ替え音楽を聴きながら、米国のAudio FeastさんもSkypeでご参加いただきこの凄まじいと言わんがばかりの音が出てしまうのか疑問に質問に答えていただきました。

その内容を簡単にまとめますと、このユニットはAudio Feastさんがこれまで温めてこられた、理想的な現代の励磁ユニットの構想をもとに、ユニットのサイズ、使用部品の形状や材質のみならず、駆動の方法、各部位の支持方法など、従来の設計思想にとらわれず新規開発をされたとの事でした。


このユニットはプロトタイプとのことですが、発売されるものとかなり近いバージョンとのことで、写真のキャビネットはAudio Feastさんの意見のを取り入れて新規に開発されたものとのことです。しかしながら、このユニットは箱の存在を感じさせませんので、それほど箱は需要ではないかと思ってしまうほどです。

励磁ユニットは励磁電源と一対です。推奨電源回路がAudio Feastさんのサイトにアップされましたので、じっくり読んでみようと思います。 
※リンク: AFT Fieldcoil Power Supply

AFT model7 予約開始

ATF model7が日本限定で先行予約販売が始まりました。

プロトタイプをSamizuAcousticsさんの試聴室で聴かせていただきましたが、不覚にもこれならGS-1を手放しても良いと思ってしまったほどです。
空間の広がりがとても自然です。ということは時間軸に正確な再生が可能である証拠。励磁のレスポンスはGS-1をはるかに凌駕します。

ぜひ、一聴をおすすめいたします。

興味がおありの方は、Audio Feastさんの日本代理店のSamizu Acousticsさんまで連絡ですね。(^^

良い音楽を良い音で聴いたあとの、日本海の新鮮な魚と妙高の素晴らしい温泉はこれまた格別です。
==
Samizu Acoustics  :  

所在地 :〒949-2101 新潟県妙高市二俣1419-1

            電話:0255 78 79 78    Fax:0255 78 79 82
E-mail  :samizuacoustics@gmail.com
==

スクリーンショット 2019-01-25 16.40.59

ファインメット差動PP真空管バッファ

ファインメット真空管バッファの目的は当初TDA1545Aの出力をターゲットにしてきましたが、その他のDACやCDプレーヤーなどでも十分な効果を感じています。
TLT-1010は直流磁化の影響をシビアにうけてしまうのでDCをあまり流す事ができないという制限がありました。それならば出力トランスとしてのTLT-1010の使い方をプッシュプルにしてしまえばその制限が少なくなると思いましたので検討してみました。
差動シグナルを真空管2つの回路へ送るには真空管のカソード出力を利用する方法が真空管アンプでは一般的ですが、手持のTLT-1010アンバランスのシグナルをバランス変換することにしました。それに合わせて真空管自身も差動動作となるように下記の構成を検討してみました。
Untitled

すでに作成してあったバッファの回路を双三極管の両方の回路を使うとともにインプット側にTLT-1010を更にもう一組追加しました。(仮配線がまだ残っています)
FullSizeRender
左側2つのTLT-1010が受け側で、アンバランス⇒バランス変換をします。
右側2つのTLT-1010が出力トランスとしての役割となります。ワニグチクリップでの接続となっているのは、出力側のTLT-1010の負荷抵抗を変えたり、TLT-1010の中点を使ったりした場合のテストを行っていたからです。現状で電源は簡易的なファインメット電源ですが、専用トランスが欲しくなりますね。

TLT-1545ssWJ製品版

注文が殺到してコアの入荷が間に合っていないTLT-1545ssWJですが、私がこれまでつかってきたのはプロトタイプ(層間紙:クラフト紙 含浸:なし)のものでした。そこから更にSamizuAcousticさんが発売された製品版はオリジナルで改良されて製品版となっています。
42316886_1905387972877323_6574873276886024192_n
このたび無理をいって1set製品版バージョンをお借りする事ができましたので、手持のプロトタイプと早速とりかえてみました。
IMG_1331
たかだか2mAのDAC出力を処理しているのだけですが、SamizuAcousticsさんの特別仕様にとなることで更に音が濃厚になっています。
ライントランスとして使っても相当な効果があるのですが、やはり開発時にTDA1545Aをターゲットとしただけあってインピーダンスマッチングされた効果も相まって低域のレスポンス、中高域の空間構成、周波数帯域の広さのどれをとっても申し分ありません。
このTLT-1545ssWJですが、お借りした物には固定するための足がなかったのでアルミのアングル材をつかって製作してみました。
IMG_1330
この方式は超大型アウトプットの100WSに採用されていた方式と同じです。
アウトプットトランス
(2.5k: 100WS0
今後大型のファインメットコアが主体になってくると思いますが,この方法はトランスを固定をする標準的な方式になると思います。今回は挟み込む間にフェルトをかませてあります。
TLT-1010を下取りとしてTLT-1545ssWJを入手される方も相当数おられると伺っていますが、相当お得なアップグレードメニューだと思います。TLT-1010は下取りではなくて真空管バッファとしてつかうというのも一つの選択肢だと思います。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索