新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

電源トランスを90VAから180VAの大型に更新してコンデンサーインプットでも真空管一発の単段でこれだけの音が出るのかと思うぐらいのある意味予想を裏切るような音でした。能率の良い励磁スピーカーとの組み合わせは絶妙で、1Wぐらいしかないですが相当な音量で音楽を楽しむ事 …
続きを読む

お盆の期間中今年4回目の天津に出張する際に、客先から支給されたエアチケットが仁川空港経由の大韓航空でした。大型液晶基板製造装置の投資が盛んな頃、韓国には毎週のように行っていました。大韓航空のエアチケットにはこれまでに搭乗回数の積算が記載されています。久々に …
続きを読む

6C45Πアンプですが、小出力ですが発熱量も少なく重宝しています。部品テンスも少ないため部品と電源に非常にシビアですが、その分善し悪しが分かりやすいです。中国出張の前に、DAC電源を整備をしていますがどうやらCDE 944Uレベルのコンデンサーが必要になるという事が分っ …
続きを読む

やっちゃんさんから「チョークインプットの計算は、臨界電流→どのくらいの最少電流から定電圧にしたいのか、そこに使われるコンデンサーのufからで決まります」とチョークインプットついてアドバイスいただきましたので、基本に立ち戻って検討してみることとしました。そし …
続きを読む

メインのDAC電源をバラして部品を整理しました。使う事ができる部品は。ファインメット電源トランス100mH ファインメットチョーク x1400mH ファインメットチョーク x2ファインメットリング 大 x2ファインメットリング 小 x2CDE 947C 600uF x6CDE 944U 100uF x2CDE 94 …
続きを読む

スラム状態だった部屋の整理もほぼ終わり、バラックで組まれている機器のケーシングをすすめています。ネットワーク、電源フィルター、サブシステムと順に進めてきました。途中TDA1545A DACを1台製作して嫁がせましたので、次は自分使いのDACの番となりました。現状のDACの電 …
続きを読む

このDACの嫁入り先も決まりましたので、私なりの微調整をいたしました。まずはIVトランスをテスト用の4399から本番用のTLT-1010SSWJへ変更です。次に使用する環境に合わせて出力端子をRCAに交換しました。さてここからが微調整の始まりです。 微調整といってもやる事は至極 …
続きを読む

とりあえず、音出しまでたどり着きました。 DACのTDA1545Aの基板はFET IV用に起こしたシンプルな物をつかいました。この基板ですが、Iref電源の1.4Vとトランスの基準電源の3Vは5Vを入力してダイオード分圧で供給しています。今回はAK4113のDAIがRJ16を出力できますので、 …
続きを読む

持ち運びできるある程度の音質のTDA1545AのDACを一つ作っておこうと思い、手持の部品を集めてみました。チョークインプット用のチョークは100mHの小チョーク、平滑化は妥協のケミコンでPanasonic FC 2700uF。チョークインプット用のフィルムコンはVIshayをつかうことにしまし …
続きを読む

邪道かもしれませんが、GS-1にはRALL 70-10Dのツイーターが接続されています。実際のところGS-1の高域は周波数測定をすると奇麗にはのびていません。ツイーターを接続するにはネットワークが必要になります。とりあえずはFOSTEXのユニットのカタログの最後のページに記載され …
続きを読む