新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

CDの高音質再生の限界については、方々で述べられていますし私もエラー訂正をリアルタイムで正確に行うのは感覚的に無理何じゃないかと思っています。CDDAのエラー訂正ならぬ、データーを推測して作製してしまう機能によってリッピングの際に音質が変わってしまうのではない …
続きを読む

先にも書かせていただきましたが、Yoshii9の駆動にラステームシステムズのRSDA202を使っています。当然のことながらこれはFドメイン系の機器ですが、デジタルアンプといった特性もあってからかなりクリアな音がするとともに、トライパスTA2020のおかげかデジタルアンプにして …
続きを読む

ここのところblogの更新が停滞しております。実は体調をくずし入院しておりました。ようやく昨日退院いたしまして現在自宅療養中です。入院中は、TimeDomain Lightを病室に持ち込んで毎日音楽三昧でした(^^)いかに、音楽で癒されるかということを身にしみて感じました。手軽 …
続きを読む

昨日のオフ会・・いや取材で非常に有用な情報を交換をすることができました。また、自分の環境だけでは井の中の蛙になってしまうことが良く分かりました。情報交換を通じて、これから取り組んでいこうと思うことを書かせていただきます。1.スピーカーの間隔現状では3.5m程 …
続きを読む

昨日は5月4日。AudioBasic誌の由井さんへの取材が拙宅で行われました。11時30分ごろ尾張一宮駅で広島からおこしの松尾さんと待ち合わせて、由井さん、音楽評論家の長濱さん、編集部の清水さんを待ちました。そのまま、拙宅へお越しいただきました。取材の様子のUSTREAMでの配 …
続きを読む

      スリランカで紅茶を飲んでいる時に、由井さんからお電話をいただきました。AudioBasic誌の2010夏季号で由井さんとオーディオ評論家の長濱貞治が対談をされるとのことでした。そのインタビューをする場所として私の部屋使っていただくことになりました。5月4日の …
続きを読む

たった12Wで従来常識に反する小出力のように思えます。 しかし大型スピーカも充分鳴らせます。 アンプの歪みを計ると(Fドメイン流で)添付図のようになります。 全てのアンプは理論的にも現実的にもこうなります。 最大出力時(クリップの寸前で)歪み率が最小となります。 …
続きを読む

天才ばかぼんさんがMixiで紹介された内容を転載させていただきます。Mixiは記事の検索が難しいので私の覚書です。TD091001 GS-1の信じられない特性 貴重.GS-1ユーザーが喜ぶ信じられない特性 1981年測定 1枚目はアンプの出力端子の電気特性 2枚目はGS-1の音圧特性。1mの位 …
続きを読む