新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

GS-1アンプが返ってきたので、ジェシンタを聴く。 ボリュームを搾って7時くらい。iPhoneとホータイケーブル。 ミニミニは有り合わせのSony。 普通のアンプではこれほど搾ると音は良くない。 (アンプは小出力ほど歪みが増えるしS/Nが悪くなる) スピーカも微小信号は再生出来 …
続きを読む

30年間旧体制に遠慮して(初めは異端狩りに会わない為)黙っていたが、いつまでも旧世界を見ているのも精神的に良くないので、チェンジをスタートすることに心を決めた。 皆が分かっていると信じてる(実は一番不明)辺りからはじめる。 ケーブル、アンプから始めるか? この …
続きを読む

 この頃ポイント支持が増えてきているようです。 これは30年前ファイナルオーディオの高井社長が開発し、発売していましたが、製造に大変手間がかかるので、製造を他者に譲渡されたようです。 理想方式と思うし、実験でも抜群だったので今でも愛用しております。 最近要望が …
続きを読む

思い出しました。 GS-1開発時(30数年前)、 1)電池で動くお猿が太鼓とシンバルを叩くおもちゃを別室マイクの前へ置いて、聴いたり(別室まで線を延ばしリモコンとした)。 2)自分でマイクを持ってスピーカの近くでしゃべったり(江川方式) 3)インパルス発生器を入力 …
続きを読む

《 天才ばかぼんさん語録 》   15.タイムドメインの真髄従来のマニアの努力はあの円錐の構造を理解出来なかったので、水平=好みのレベルでグルグ廻りをしていました。 垂直方向の改善も好みの問題に隠れて、出来ないしFドメインは理論原理的にフィデリティーを望め …
続きを読む

《 天才ばかぼんさん語録 》 14.アンプGS-1を購入する際に、接続されていたアンプはマッキントッシュの100万円ぐらいのものでした。それでも、ピントの外れた音しか出てませんでした。正直もうしましてその時ははYoshii9の方が音がいいんじゃないかって思いましたから …
続きを読む

ストラヴィンスキー バレエ《春の祭典》(1947年版) 4つのノルウェーの情緒クリーヴランド管弦楽団、指揮:リッカルド・シャイー録音:1985年10月〈デジタル録音〉録音、定位ともに抜群のCDです。迫力もすさまじくて冒頭から春の祭典ならぬ、春の嵐ばりに管楽器、打楽器 …
続きを読む

《 天才ばかぼんさん語録 》 13.魔境GS-1のセッティングが極まってくると、左右のスピーカーから発せられる音が完全に時間軸がそろって自分の耳に届くようになります。そうなると、その場所は別世界となります。そのことを通称「魔境」といいます。(笑)魔境の一部を紹 …
続きを読む

マーラー : 交響曲第1番 指揮:エリアフ・インバル フランクフルト放送交響楽団この曲は、ワルター、バーンスタイン、ラケル、ショルティなどももってますが、あえてインバル盤を選択しました。マーラーの交響曲の中で1番は比較的短く聴きやすい旋律が随所に現れます。特 …
続きを読む

 《 天才ばかぼんさん語録 》  12.Yoshii9とGS-1の音の聞こえ方 Yoshii9とGS-1ですが音の聞こえ方が異なります。Yoshii9は3角形の頂点でなくとも、ある程度の立体感は得られます。 一方GS-1は3角形の頂点をスピーカーから遠い方にはずれた場合、左右に頭を動かすと、 …
続きを読む