新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

すでにだれかが施行されていると思います。Yoshii9の生え出しケーブルのダイソー延長コード化。私自身が見つけていないだけと思いますが、あまりwebでは見かけません。

K1

すでにGS-1はこの延長ケーブルに更新済みでとてもよい結果となってます。解像度、低高音の伸びどれをとっても、これが現状のベストなスピーカーケーブルです。

そんなこともあって、Yoshii9の生え出しのライカル線もいつかは更新してしまおうと思っていました。梅雨で朝から雨が降っていて、外出する気にもならなかったので息子と二人で、Yoshii9を分解してこのケーブルに変えました。そのまま変えた訳ではなく、ケーブルの黒い被服はすべてはぎ取ってしまいました。

Yoshii9のユニットへのライカル線は小型の平型端子で差し込んであるだけですので、端子部を左右に揺らしながら引っ張れば簡単にぬくことができます。この端子の代わりになるものとして、ユアサバッテリーにも使っている平型端子をつかいました。
IMG_0013
そのままでは大きすぎて取り付けができませんので、ベンチで左右から挟んで幅を小さくしました。あとの隙間は端子に取り付けながらペンチで挟んだり、精密ドライバーのマイナスで隙間を調整して取り付けました。YA-1側にはY型端子をカシメました。

Yoshii9の上部のキャップを外したあと、ユニット固定キャップをねじって外します。その後Yoshii9の心臓部を下からグランドアンカーを押し上げながら引き出します。ユニットから外したライカル線を抜き出した後、その代わりに突っ張り棒にぴたっと包帯でつぶした平型端子を取り付けたダイソーケーブルをYoshii9の下の部分から差し込んで、上まで取り出してユニットに差し込みました。
あとは逆の作業で元に戻すのみです。
IMG_0014IMG_0016

IMG_0012

 





結果は期待通りで、解像度、迫力、低高音がさらにのびて、レンジが広がりました。これまで聞こえなかった音が聞こえてきます。ライカル線に鉛玉をカシメたときの高音質化よりも効果が大きいんじゃないでしょうか。実際、現状では3Bの鉛玉を1本につき3こずつ取り付けてあります。

お手軽な高音質化でおすすめですが、ひょっとするとメーカー保証がなくなってしまうかもしれませんね。(施行は自己責任でお願いします。m(_._)m)

施行時間は配線の処理も含めて1時間程度、可逆的な改造ですので、Yoshii9ユーザーでまだ試されていない方は、試す価値は十分あると思います。