昨夜、サイコロ木片と真鍮釘の有り合わせの部品でGS-1のインシュレーターを作成してかなり良い印象となりました。

問題点は、釘が細すぎてGS-1の荷重に耐えられないということと、高音部についてはサイコロ木片が30mmあって低音部との隙間が大きすぎてしまうということでした。

また、木片の形状も四角よりは角が無い方が良いと思いましたし、釘の材質は真鍮よりも銅の方が良いと思いました。

ということで、昼食後ダイソーへでかけて買い物をしてきました。ただ、銅の釘は無かったのでホームセンターにて調達しました。

「ダイソー木片」
NewBlock

丸い物はウーファー部に使用し1.8mmの銅釘をつかい、薄い板状の物は高音部に使用して1.4mmの銅釘をつかいました。

Woof

Tweet

これらを組み合わせて
woof_c

tweet_c
としました。ウーファー部の方は、完全につぶれてしまう可能性もありましたので釘を折り曲げて作成しました。

これらを設置しまして、音だし。
insulator1

insulator2

さて、音だし。今回も前回同様、綾戸智絵〜to you 〜です。

音が出た瞬間。うわ〜っ!といった世界です。

これからエージング。音楽を聴くのが楽しみです。

今日はこの他にも。5mの裸ベル線を制作しました。もちろんカバーはお手製です。被覆を剥ぐと、剥いだ方向に一気に音が偏ります。鉛は735-2を各3ヶと6Bを各1ヶずつです。まだ足りませんが手持ちが尽きました。

今日は作業を息子と一緒にしました。日頃不在がちですので話す機会もあまりないのですが、作業中ず〜っと話をしてました。(^^)