新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

これまでに、UDA基板のDSD出力に簡単なRC回路のLPFをつけることで、アナログ信号がとりだせることが分かりました。
コンデンサーは電気的にはバネの役割をしてしまうため、時間軸を狂わす要因となりやすいということで、LR回路でのLPFの検討をいたしました。

とはいっても、どんなインダクターがLPFに適しているのか全く分かりませんでしたので、千石で太陽誘電のLHLCシリーズを何種類か購入してみました。

まず手始めに、L=1mHのものとR=620Ωで カットオフ100khzのLPFを組んでみましたが、やはりノイズがバックにのってしまいました。

ものは試しということで、Rを取り外して再生してみると・・・・・

ノイズが消えました・・・・

写真 12-07-29 0 38 41

それとともに、これまで聴いたことの無いような解像度の音が飛び出してきました。なにが起きているのか良く分かりませんが・・・・結果オーライです。

ためしに100kΩをRとして入れてみましたが、音は変わらずです。ちなみに100kΩの場合、カットオフ周波数、位相変化、群遅延などは100khz以上になってしまいます。

まだ、ためしはじめたばかりですので、他の容量のものも検討してみたいと思います。

[ 追記]
手持ちのインダクタンス  470μH と 10μHで追試してみましたところ、10μHではRを振ってもノイズが消えませんでした。反対に470μHではRを振ってもノイズはほとんど聞こえませんでした。インダクタンタも小さいに越したことがないと思いますので、470μHよりも小さく10μHよりも大きいもので落としどころを見つけたいと思います。Rは・・・無しですね。電気的にLPFの役割はたしませんが、ノイズがなくて音がよければ良しとしようと思います。一般的には出力にカップリングコンデンサーをいれた方が無難かと思います。