新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

 
logo
「わかる」とは「気付く」こと

新しく立ち上げられたタイムドメイン系のチューニングブランドのKappa Inifinitoさんにお邪魔させていただきました。マスターのSさんとお会いするのは本当に久しぶりで、新しい試聴室を開かれてからは初めての訪問です。何を隠そう私のTimedomain mini E type はこのSさんの手による物です。

今回の目的は、Kappa Infinitoさん一押しのifiのフィルター群の試聴でした。以前からSさんはifiの製品に目を付けられていて、DAC類のみならずUSBやDCフィルターも取り扱われています。これまでのDevilSoundやHifimanなどSさんが実際使われてみて、良かった物しか取り扱われないというこだわりのもと採用されたものでしたので本当に楽しみでした。

まず、試聴室の通されて雑談をしながら、SさんがなにげにYoutubeが再生されました。

目の前のモニターのサイズ(失念してしまいましたが40インチぐらい)の映像と同じ位置から音が発せられているのに、部屋中に倍音が響き渡りました。一聴してYoshii9とは異なるとは分ったので、すぐ横においてあるmidTowerだとは思った物の、私が知っているmidTowerとは似ても似つかない高音質で上品な音でした。話を聴いてみると、Kappa infinitoさんのチューンドモデル、midTower toccanteでした。これについての詳細は私がするよりもKappa infinitoさんのサイトをご覧になられたほうがよくわかると思います。

midTower toccante

Yoshii9で低域で押しが弱いと感じるような音も制動が利いた音で再生されますし、画面をはみ出さない適度な音の広がりといった意味では家庭用の映画鑑賞やコンサート鑑賞には打ってつけだと思います。

さてさて、今回の目的のDCフィルター。もともと音楽関係の方々が目をつけられたものとのことで、発売されてからしばらくは品薄で入手できないほどだったとの事です。

こちらのサイトで取り扱われているもので、タイムドメインminiやlightに接続するための変換ケーブルをセットにされた商品もラインナップされています。中でもFM(ファインメット)ケーブルを介してこのDCフィルターを通す事により、更に効果があるとのことでした。このことは、私も常々感じている事で、素子に理想的な動作ができる電源環境をととのえてやれば、機器は理想的な動作をし易いということでしょう。

早速YA-1にDCフィルターをとりつけて、Yoshii9で試聴しました。音が出た瞬間にわかるほど静寂になります。ファインメットの電源フィルターとは少し異なる面持ちですが、確実にノイズは低減されているようです。近くにソーラー発電のインバーターやモーターなどがある電源環境のあまり良くない場合には、更に効果があるようです。
USBフィルターも合わせて、試聴させていただきました。こちらについては、私が取り組んでいる事を更に進めたような内容の構成ですので、どのような変化になるかと思って聴きましたが拙宅の環境の機器の変化とあまり変わらずに少し拍子抜けしました。(^^;;;;

久々に、エノキダケマイクを見せていただきました。まさか商品化されておられるとは思っても見ませんでした。
29

[モバイルタイムドメインマイク GUFO F]

またKappa infinitoさんのYoutubeのチャンネルではエノキダケマイクで収録された音源も公開されておられます。

タイムドメイン系の振動対策のチューンについては、絶対的な信頼がおけるSさんですが、更にその音を良くするための環境づくりの取り組みをされておられます。もっと良い音で音楽を楽しみたいとお考えのかたは一度ご相談されてはいかがでしょうか。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット