新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

ホテルはジャカルタ市内で友人の職場に近いAYAKA SUITESを予約してありました。クイーンサイズベッドが一つシャワーとトイレのついたシンプルな部屋で、日本でいうところのビジネスホテルのような感じです。まだプローモーション期間ということで1泊朝食付きで5000円ぐらいと格安でした。
以前はリッツカールトンとはいえ、バスタブに水をためると茶色くなっていたのですが、そんなこともなくエアコンも充分すぎるほど効いて快適でした。 
ホテル IMG_1425 ホテルから風景
この時期のジャカルタですが、カラッと晴れ渡ることはなく、常に曇天で日差しも強くなく過ごし易いです。特に予定も立てていなかったので、午前中は遅い朝食をとってからプールサイドでネットをしながらゆったり過ごしました。
午後になって、ジャカルタの市内観光。といっても当てがある訳でもありませんので友人任せ。カルフールをまずはブラブラ。ここでの目的は換金です。
IMG_1426
丁度バンコクのMBKのような感じでしたが、平日の昼間という事もあってそれほど人もいませんでした。結構シャッターが閉じられているところが目立ちました。活気があったのはやはり携帯電話のフロアーでした。
次に言ったのが問屋街。
IMG_1432 IMG_1433
駐車場にレンタカーをとめて屋台でインドネシア風の肉まんをかって頬張りながらぶらぶらしてきました。途中WCに行きたくなったので30000IDRを握りしめて駆け込みました。(^^;;  トイレはまあ南国の下町では一般的な手桶式の水洗式でした。
そのまま博物館へ歩いて行きました。博物館前の広場には遠足なのでしょうか、白い制服を来た子供とたちの集団があちらこちらにみかけました。
博物館 IMG_1445
IMG_1446


さすがに、お腹も減ったので近くのバクソー専門店で昼食。少し路地に入った地元の人もここは美味しいという店でしたがそれほど混雑しておらず、店の前のテーブルで大道芸を見ながら食べました。
IMG_1448 
バクソー IMG_1449

ここはイスラム教の国ですので、ミートボールもスープも牛肉ベースです。さっぱりとしていたので、サンバル(相当辛い辛し味噌)をいれて食べましたが、暖かい気候もあいまって美味しかったです。
お腹もいっぱいになったので、イスティクラルモスクへいって休憩していました。平日というのにイスティクラルモスクにはヒジャブをまとった女性が引っ切りなしに人が出入りしていました。友人にきいたところ子供が生まれたときや結婚したときにここに礼拝にくるとのことでした。
モスク

インドネシアは殆どの人がイスラム教ですが、キリスト教の人も数パーセントいます。大きな教会があるとのことでそちらに移動しました。
教会
時間も16時近くになり、市内への車の乗り入れ制限(ナンバープレートの末尾の番号で乗り入れる事ができる範囲が制限される)される時間にちかくなったので早々に退却しました。
IMG_1430
ホテルでゆっくりしていると友人から連絡がはいり、”ドリアンたべられるか?”との質問。即答オッケーでドリアンを食べに街に繰り出しました。夜の10時もすぎていたのですが、市内は大渋滞。空いていれば10分もかからないところが1時間ぐらいかけてドリアンショップに到着。
ドリアンショップ ドリアン
IMG_1460

ドリアンショップというものの、道ばたのほったて小屋にお手製のベンチがあるだけです。タイからの輸入ものや産地によってわけられていました。
日本人でドリアンを食べる人はあまりいないらしく店の人にも珍しがられました。私ですが、納豆、くさや系統はNGなのですが、ドリアンは大好物です。(^^
そんなこんなで、ジャカルタの一日目は終了です。