新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

今年もファインメット。
samizuacoustics44

Samizuacoustics
さんSさんと一緒になって進めていこうと思います。ファインメットはうまく使えば凄まじい効果を発揮しますが「良薬は時には毒になる」ではありませんが適切な使い方をしないと凄まじい逆効果となります。
ACフィルターやBPをノイズフィルターとして使う場合ノイズの除去能力は全体域で位相変化なく除去してくれるのですが、限界電流値を超えると磁気飽和してその音が乗ってしまいます。そのあたりはSamizuAcousticcsさんが容量別でACフィルターをラインナップされているので選択を間違えなければ問題はありません。その他の事についてもいつも親身に相談にのってくださり適切なアドバイスをいただいています。また特注品でない限り試聴機を準備してくださいますので自分のシステムに組み込んでの試聴ができるのは本当に助かります。先日お伺いしたときも、TVC(Trans Volume Contorl)の試聴機とACフィルターの貸し出しの準備をされていました。
TCV中身
(このTVCは拙宅の物です)
これまで電源関係についてファインメットをつかっていろいろ取り組んできました。
特性がリニアなファインメットを位相特性のすぐれたコンデンサーやインダクタと組み合わせて電源を構成した場合、接続する機器に特性の良くないコンデンサーやインダクタが搭載されているとそのクセが音に現れます。
もともと私の真空管アンプはSUN-AUDIOさんのSV-2A3でした。これはこれでバランスがとれていてある程度の音質で音楽を楽しむ事ができます。しかしながら、フルファインメットのアンプの音を聴いてが世界が違うのを実感しました。ファインメットの機器は高価ですのでフルファイメットのアンプを購入することはできなかったので、少しずつファインメット化を進めました。アウトプット→チョーク→電源の順でしたが、途中の段階では位相がおかしくなって音が異常に回り込んできたり、低域が全くでなくなったりしました。回路上に使われている部品のクセを部品同士を組み合わせる事でバランスをとってきたためだと思います。そのバランスが崩れてそれぞれの部品の個性が現れてしまった結果だと思います。最終的には全てをファインメットにしなければ満足ができませんでした。ただ、ファインメットにすればそれでいいという訳ではなくて、更に上がみえてくるのでそれを目指して取り組む事になります。先日、電源トランスがオリエントコア、それ以外はすべてファインメットとフィルムコンで構成されたシングルアンプを試聴しましたが、どうしても低域の遅れ感が払拭できませんでしたので、フルファインメット化は間違ってはいないと確信しました。
以前も書きましたがDCの回路とはいえAC回路としての特性が非常に重要だということです。完全なDCは存在しないということと、逆起電力はAC的な振る舞いでDC回路に流れ込んでくる事が原因だと思います。一般的な電源ですと供給する側のことばかりクローズアップされて、実際の動作時にどのような電源供給がされているのか示されていないので分りにくい部分だと思います。

SamizuAcousticsさんでは、まだWebで紹介はされていませんが確実に今年の目玉になるものを準備中です。先日の試聴会で一同度肝をぬかれ、私はそのまま予約してしまいました。(笑)

最後に、由井さんからはオーディオに関して機械的な特性は電気的な特性に勝るとお教えいただき、それも真だと思います。ただ、電気的な特性を理想にしてから機械的な特性を理想的にしたらどうなるか! 最終的な目標はここです。