新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

防音の部屋の難点として、断熱が良く2A3アンプを常用しているとエアコンをつけっぱなしにする必要があります。そこで小ワットの発熱の少ない夏用アンプをが欲しいとずっと思っていました。ラジオ少年さんのAMP--4を改造したものはあるのですが、シングル用のアウトプットのスペックがいまひとつで低域が弱いため使っていませんでした。最近TDA1545Aの真空管IVで高電圧を扱うアレルギーも小さくなりようやく作る気になってきました。

できるだけシンプルに。できるだけ手持のものを使ってを念頭において検討をすすめていました。
まずは球選び。MT管よりも大きくしたくないというのがまずひとつ。12AU7でIVを検討しているときに、色々みなさんのご意見を聞かせていただきその中でもWE437のプリアンプが凄いらしいとのことでしたがなかなか見つからず財布とも相談した結果ロシア製の互換球の6C45Pを入手してありました。
これについて、プリアンプとしてつかうために調べていたのですが、ゲインが大きいために単段ミニワットの構成でスピーカーをならせるという事にたどりつきました。
手持にあるまともなアウトプットトランスというと、SV-2A3についてきたノグチトランスSOT-525があるのですが、SV−2A3のシャーシをつかってメインのアンプを構成しているので外すのが大変です。
あともう一つあるのが、プッシュプル25W用のファインメットアウトプットトランスでした。

そこで、この6C45Πでプッシュプルで構成できないかと探していたところ。参考例がありました。
One Tube Design Page
23
インプットトランスで差動信号に変換して、シングルのアンプを2つ使ったような簡単な構成です。
ここまで決まれば、家中に散在する部品をかき集めるのみ。
Summer
ということで、部材は揃いました。

入力トランス:TLT-1010WJ
カソードコンデンサー:VISHAY 1848C MPK 100uF,50uF
カソード抵抗:Vishay 100Ω無誘導メタルクラッド
アウトプット:FM-25P 8kΩ

電源は先日、6N3のIVに使ったのものを使う予定です。
6P3