新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

6C45ΠのアンプをPPにした理由のひとつとして、差動TDA1545Aの出力をそのまま差動入力してアウトプットトランスで差動合成をすることがありました。
そのため、先日組んだ差動DACの差動合成をしていたファインメットトランスを外してそれぞれ±L、±Rを独立して4個の6C45Πに入力しました。ここでの注意点はIVのGNDをバイアス、アンプのGNDと接続することでしょうか。
6C45N PP C_IN - Copy
真空管IVの後に本来は差動TVCを通せばボリューム調整はできるのですが、今回はよりシンプルにということでそのまま直結としました。ボリューム調整はMacのソフトボリュームです。
ただ、このアンプと励磁スピーカーの組み合わせですと私が音楽鑑賞をする音量ですとほぼフルボリュームですので、ビット落ちによる解像度の低下は感じませんでした。

ファインメットトランスを通らない構成ですので、DACの電源の質がそのまま音に現れてとても敏感になり、試行錯誤した結果メインのDACの電源を使ってようやく落ち着きました。
image
やはり、DACの出力はファインメットトランスで一旦どこかで受けた方が、音的に安定しているような感じがします。DAC側の電源の粗をうまい具合に処理してくれているのだと思います。