新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

6C45Π PPアンプへの入力の検討として、差動の±L,±Rの4出力をそれぞれ、ファインメットライントランスのTLT-1010で受けて二次側に負荷抵抗をつけて独立IVとしてみました。
image
 音の広がり解像度、立ち上がりは文句無し。小音量での試聴でしたらこれで決まりと言ったところです。
さすがはTLT-1010です。しかしながら、映画を見るにはもう少々音量が欲しいということで、真空管IVを併用することにしました。
1
 解像度こそファイト4連と比較すると聴き劣りが若干しますが、ゲインは充分。音の広がりもとりあえず、部屋イッパイに音が充満するレベルです。チョークコイルがオリエントですので、位相の回り込みが気にはなるものの真空管IVならではの低域のパンチも効いてこれでしたら充分夏用として使う事ができるレベルです。
最後の仕上げで、アウトプットトランスの直前に取り付けた100mAx2のチョークを特性の直線性の良い7mA一発に交換しました。これをに変えたことで音にハリがでました。
6C45N PP TDA1545A_01

このところ、この構成で音楽を聴いていますが、メインのアンプをどうしても聴きたいという衝動にはかられないですので、そこそこのレベルだとは手前味噌ですが思っています。
同じバイアス値で調整していますが、1本だけ少し電流が流れにくい物がありますので、もう4本発注しましたので、到着したら選別して使おうと思っています。
これで、ようやくオーディオルームのサブシステムができましたので、久々にメインアンプの整備に着手しても、音楽を聴きながらすることができます。