新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

これまでのトランスIVはTDA1545Aの電流出力を直接受けていたため、DACの出力にあわせてバイアスをかけていました。現状の真空管IVの差動出力はTLT-1010WJで電圧で受けています。ということはGNDを接続せずとも問題はないはずということで、TLT-1010WJの一次側のGNDを浮かせてみました。後から考えれば当たり前なのですがクリアーな音は出ました。

TLT-1010WJで受けているということは一般的なDCバイアスが掛かっている出力でもDCはカットできますのでこの構成でもできない訳がありません。ということでGNDを浮かせた状態のまま0.1uFの漆コンを外してジャンパーしてみましたところ何事もなかったように音が出力されました。かなりの拍子抜けです。
6C45N PP TDA1545A -24H
 どうせなら、もっとシンプルにしてしまえということで、6C45Πのグリッドの発信止めの200Ωの抵抗を外してみましたが特に発信音も聞こえませんでした。

わずかな回路の変更ですが、音が落ち着くまでに半日はかかります。この構成で再生される音は
低域の沈み込みが更に深くて解像度も高く奥行きが深くなり、中高域の音の広がりの音の無い部分が相当濃厚になりました。音の揺らぎも再現できるようになりました。

当初そこそこのものが出来ればと思って取り組んできたこの6C45Πを使った単段アンプですが、これだけの音になってくるとメインの2A3にひけをとらないレベルです。すでにSamizuacousticsさんのアンプで体験はしているとはいえ、実際に10cmのシングルコーンでこれだけの音場の再現できるとは改めて驚きました。今回の構成変更にともなって励磁スピーカーのセッティングをこの回路に最適化するためにスピーカー間隔と内振りの角度、インシュレーターの位置の調整しました。

非常に面白いのは、GS-1 Quadと励磁のスピーカーの間隔も高さも異なるのですが、楽器が定位する位置はどちらも同じです。空間の濃厚さは励磁の独断上。この濃厚さはフェライトでは実現できないんでしょうね。低域の正確さはGS-1 Quad、音にならないかなり低い領域まできっちり定位しますし音のかたまり感がすばらしいです。

今拙宅で稼動している2つのシステムのそれぞれ良いところを比較しながら、どちらももっと改良していきたいと思います。 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット