新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

Amazon Echoが購入可能のメールが届きました。さして興味も余りませんでしたがPrime特典の2000円引きにつられて購入してしまいました。
echo dot
 セッティングは至って簡単で、iPhoneなどの専用のアプリでalexa.amazon.co.jpのwebでガイダンスに沿って設定するだけです。最初は、時間や天気を聴いたり、アラームをならしたりと一般的な内容を試してすぐに飽きてしまいました。
echo dotですが、Prime Musicを再生することができ、選曲も非常にアバウトな範囲ではありますができます。最近BGMのながら聴きでよくつかっているのが、6C45Πシングル+Timedomain miniのシステムです。音質的にそれほどシビアなシステムでないのでこれにecho dotをつないでみました。echo dotのステレオミニの再生音質ですが、iPhoneなどの携帯電話レベルだと思います。(あまり真剣にはきいてはいませんが・・・)
DQM_XVHUMAAvLPq
Webを見たりメールをしながらBGM的に音楽を流しておくときに、手をとめずに指示をだすだけで聴きたいジャンルの音楽やニュースを再生することができます。電話がかかってきたりしたときも、電話から手を離さず再生を止める事ができます。PCで作業中に手をキーボード離さずに操作ができることは相当快適です。
これに乗じて、スマートスイッチのsonoffを購入してみました。

sonoff
100VのACラインにとりつけるだけで、Wifi経由でスイッチのON/OFFができます。AlexaのUSAバージョンではスキルもあるので声で指示ができるのですが、日本バージョンではまだスキルが登録されていないのでEcho dotから直接は利用できません。しかしながらIFTTTのアプレットを登録してEcho dotでトリガーすることでEcho dot経由でリモートコントロールできます。ただ認識できる言葉がいまひとつ少なく(私の発音が悪いせいもあると思いますが)指示するフレーズが少ないように思います。ただ、いったん認識して決めてしまえばも普通にEcho dot経由でアンプの電源のON/OFFができます。もちろんスマートフォンのアプリでもON/OFFは可能です。コマンドの登録が中国のサーバーですのでセキュリティ面での懸念があるかもしれません。

Echo dotを接続している6C45Πシングルのシステムですが、いくら音質的にゆるい設定とはいえ真空管アンプということである程度の時間はウォームアップは必要です。このスマートコンセントには指定の時間にON/OFFさせる機能があるので、起床する1時間前にアンプの電源を入れるように設定しました。
Echo dotを設置してからというもの、これまでは部屋の中で声を出す事がありませんでしたが、いまはAlexa,Alexaと頻繁に指示をだしています。
だんだん、子供の頃にSF映画でみた世界が近づいてきたような感じです。