2018/02/03

Alexa 用 DAC (TDA1387)

Samizu Acousticsさんの仕事場のサブシステムにEcho dotを導入されたとのことで、ファイトアンプに接続してJBL LE-8TでBGM用として使い始められたとの事でした。
現状はEcho dotのステレオミニ出力を利用されているとのことでしたが、これの音質は決してほめられる物ではなくて、携帯電話レベルの音質です。いつもお世話になりっぱなしですので、手持の部品でもう一台試聴用も兼ねてBlurtooth受けのDACを作って使っていただく事にしました。
手持のTDA1545Aシングル基板も残りが最後の1枚となり、これを組もうと思って部品箱を見てみるとシフトレジスタのロジックICが見当たりません。ということで、TDA1545Aと同じ方式でI2S受けのTDA1387を使う事にしました。そのため基板上にはジャンパー配線をしました。
111


電源入力は5V。Bluetooth レシーバーとTDA1387のDVDDへの供給です。
TDA1387で重要なのはDVDDはもちろんですが、Iref端子にとりつけるコンデンサーの品質もそれに劣らず重要です。
03
ここには安価で高域まで比較的位相特性の良いWIMAのフィルムコンを取り付けました。
SamizuAcousticsさんが5Vの電源を準備されるのであまり心配はしていないのですが、とりあえず5VのスイッチングACアダプターでもそれなりの音が出るようにDVDDには3700uFのFCを取り付けてあります。
当初TP7A4700で低電圧化して供給して音質の調整をしていましたが、どうにも低域がまともに出なかったので無帰還ファイト電源で調整をしました。

TDA1387ですが、DVDDに5V供給でIref端子に0.8V程度、3.3V供給で0.5Vとなります。ここにコンデンサーではなくて、電源を供給してみても面白いかもしれませんが、電圧が低いですので調整するのが難しいので今回はペンディングとしました。

配線は有り合わせの配線ですが、これはSamizuAcousticsさんが良いものに交換されると思います。



    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。