新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

先週はタイ出張でGWは天津出張と相変わらずなかなかまとまった時間をとることができない日々が続いています。GWをすぎれば7月中旬までは少し時間が取れそうですが、やれることは少しでも勧めておこうと思い、2A3のパワー段の整備にとりかかりました。

CADで図面を描いては消しの繰り返しを何回したことでしょうか。どのような構成にするか決めているときが一番楽しいかもしれません。
パワー段に使用する部品ですが、自己バイアスの抵抗はWE板抵抗でコンデンサは944U 33uF。カップリングがMundorf黒0.22uF漆バージョンです。ハムバランサーはDALE 100Ω 10回転 3Wのものを使用し、Gridリーク抵抗は DALEの無誘導巻き線抵抗のNS−2Bです。
とりあえずは、300×400のアルミ板に合わせて枠をつくり、外部からの接続端子を準備しました。
IMG_6412
アルミ板に等倍で印刷した図面を貼付けてそのまま工具で加工をします。
IMG_6413
 アルミの板はそのままですと指紋がついたり変色するので無色のアクリルスプレーで簡単に塗装をしておきました。
IMG_6416
 メインの2A3はまだ使っているので、余剰部品で位置合わせをして最終の配置確認をしました。
IMG_6664
自己バイアスの33uFは最大で片側3個まで取り付けられるようなスペースが確保してあります。
また、Gridリーク抵抗としてNS-2Bを使う予定ですが、ゆくゆくはGrid リークチョークするため、そのスペースもコンデンサーの間にとってあります。

IMG_6663
 とりあえずヒーターの点灯までは確認しました。
アウトプットトランスはできていますので後は電圧増幅段の製作となります。
しかしながら、まだ図面にも取りかかっていない状況ですし、GWも休みが無いのでいつのことやらです。
out2