2018/08/19

アウトプットトランス

6月の妙高オーディオの際に打ち合わせをさせていただいた超大型のファインメットアウトプットトランスがやってきました。2A3シングルアンプ用 1次 2.5kΩ 2次 3Ω 4Ω 8Ω 16Ωで16Hz 4Wの仕様となっています。一般的な表記で言うと50Hz 100W。重量は一つ約6kgでいずれはオイル漬けのために含浸無しのスペシャル仕様です。これからの標準サイズとのことですが・・・これもまた一般的ではありませんね。
2A3
昨今整備をすすめてきました2A3シングルアンプのアウトプット部はこのサイズを想定していましたので交換はすぐに完了しました。
その他の部品定数は変えずにまずは音だし、低域再生の正確さはこれまでのものが完全に霞んでしまうほど。驚くのはそれだけでなく全帯域の解像度も桁違いです。例えるならば、Timedomain miniとGS-1ぐらいの差といったらいいのか・・・それ以上にに凄まじい変化です。低域再生の余裕をかなり感じましたでのカップリングを0.22uFから0.47uFに変更しました。チョークの大型化の効果がようやくここで真価を発揮した感じで、50Hz以下の位相のずれも微塵も感じないどころか、高域の解像度も更にアップ。
他の部分もほぼ組み立てが終わっていますので。まとまった時間があるときにつなぎこんでじっくり調整をしていきたいと思います。
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。