2018/08/12

PCM63P NOS DAC

PCM63Pをターゲットに設計されたファインメットIVトランスをTDA1545Aでなんとか使おうと四苦八苦していますが、まずは設計者が意図した音を知るために、PCM63 NOS DACを一つ組んでみました。
DAC
シングルチャンネルのDACチップですので、LRCKを反転する必要がありましたので、74HC04のインバーターを使いました。
PCM63P
それほど部品点数も多くないので1時間ぐらいで完成です。
37919976_1825324330883688_1359526950716047360_n
±電源は準備するのが面倒でしたので、ひとまずは安定化電源。
簡単な測定をしてみましたが、相当優秀な結果に。
スクリーンショット 2018-07-29 18.12.18
内部抵抗も測定してみましたが、660Ωとデーターシートとほぼ同じ値となりました。
TDA1545Aと比較して低い値となっているのは、内部的バイポーラのバイアスがかかっているからでしょう。音にもその影響が聞き取れます。位相フラットな音の自然さはなにものにも代え難いです。
スクリーンショット 2018-07-30 7.23.23
そこで、このバイアスのオON/OFFが切り替えられるようにジャンパーを取り付けました。
ここまでは安定化電源で正負電源を供給していました。どうせならということで、6V-0-6V 300mAが6パラ出力できるトランスがあったので、1N4004で分圧して±5Vを供給しました。
38612142_1837633672986087_5138931612364308480_n
なかなかこの音で納得できない人はいないのではないでしょうか。専用トランスを準備することで、ここまで簡単に素晴らしい音が出力されるとは目から鱗でした。
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。