2018/09/02

番外編 シェムリアップ旅行記 3日目

カンボジアと日本の時差は2時間。時差ぼけもなんのその、昨夜は家族一同眠りこけました。
朝食も中国人団体がいなくなる8時頃をみはからって出撃。
 IMG_8966

絶品のオムレツをつくってくれるコックさん
IMG_8970

朝食後もプールサイドでのんびりしていました。ダナンもそうだったのですが、観光地のプールサイドやビーチはWifiに接続できますので、iPhone片手に仕事のメールチェックです。案の上アジア系の皆々様は観光にでかけ、プールサイドは欧米人のみでした。
昼ごろに、部屋に戻りなにをしようかと家族会議。ふと、部屋の冊子をみるとホテル内のSpaがHappy Hourで午後3時まで半額。息子は眠いということで家内と娘と一緒にこれに行こうという事になりました。
IMG_8973

IMG_8974
カンボジア式とはなんぞやと思いましたが、至って普通のオイルマッサージでしたが、訓練されているらしくツボにはまり当然の事ながら90分爆睡でした。

お腹がすいたということで、ナイトマーケット付近のPub Streetへ繰り出しました。トゥクトゥクをつかまえ砂埃っぽい道を走る事15分。
IMG_8979
到着すると帰りも待っているから時間になったらここまでくるようにとの事でした。
食事をとるために、例のRedPianoの向かいのイタリアンレストランに入りました。まったりとした時間が流れていい雰囲気でした。
IMG_8982
ピザとラザニアを注文して腹ごしらえ。結構なボリュームで一同お腹いっぱい。
ピザ
その後しばらくOld Marcketを散策した後ホテルに戻りました。
IMG_8988
帰る時間になってポツポツと雨が降り出してきました。早々にトゥクトゥクに乗り込みホテルに向かいました。途中でスコールになって雷もなっていましたが、トゥクトゥクの荷台にカバーをかけてもらって全く問題なし。運転手は市の指定のゴミ袋をつなげたようなカッパを着て泥道を運転突っ走ってくれました。マーケットでの買い物はすべて米ドルが使えますが、おつりは現地通過となります。店先には寄付の箱がおいてあったので、それに入れてもよかったのですが現地通貨はトゥクトゥクのドライバーtのチップとしました。
ツアーのフリーの日にはオプショナルツアーを申し込む人が多いようですが、ゆっくりするのもいいものです。
あっという間に夕食の時間になり、どうせならシェリムアップで一番美味しいものを食べようということになりネットで家族総出で検索。
Trip adviserでもその他のサイトでも1位のChi Restaurant & Barに全会一致で決定。場所を調べてみるとANANTRA ANGKOR RESORTの中にあり宿泊しているホテルからすぐの場所でしたので、歩いていく事にしました。家族4人で歩いていると、なにもない道ばたを歩いている観光客めがけてトゥクトゥクが集まってきましたが、すべて振り払って一目散に向かいました。歩いて5分の距離でした。
高級ゲストルームとスイートしか無いホテルのレストランは同じ5つ星のホテルとはいえ格がちがいますね。入るなり落ち着いた雰囲気でつつまれ、支配人にエスコートされて席につきました。
IMG_8997

こちらがメニューです
anantara_angkor_chi_menu_02_2018-233
(画像をクリックで拡大)
私と家内はカンボジア料理の lok lak  娘と息子は熟成肉のステーキをオーダーしました。
IMG_9002

IMG_9001
料理が運ばれてくるまでの待ち時間も、支配人やお店の人が話かけてくれてカンボジアや日本のことについて話をしていました。
味は評判通り絶品で、お店の応対も含めて家族全員大満足でした。

その後、ホテルに戻り翌日のアンコールワットの朝焼けを見るツアーが朝4時半出発ですので早々に就寝しました。




 
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。