2018/11/09

AK4497 (Zishan DSD)

今更ですが、AK4497を搭載したDAPのZishan DSDを購入してみました。Webで調べてみると、回路はデーターシートとほぼ同じで使われている部品が少し異なるようです。目的の一つとしてはDACをいじっている時に音楽が止まってしまうので、なにかそこそこの再生機器があればとは常々思っていました。

Zishan DSDについてはこちらのサイトで詳細に紹介されています。
AK4497EQ搭載DAP ハイコスパな「ZIshan DSD」レビュー前編【DAPレビュー】

この価格で本当にAK4497搭載しています。
43471298_1927797453969708_2168986281508339712_n

43417510_1927797463969707_4203381752682512384_n

音質ですが、オーバーサンプリングでオペアンプIV,LPFとして聴くならば優秀だと思います。
また、巷のサイトではオペアンプやコンデンサーを交換するのが旬なようです。

AK4497EQ搭載DAP ハイコスパな「ZIshan DSD」オペアンプ変更レビュー【DAPレビュー】
ということでMuseなどは他のサイトでもやられていたので、とりあえず王道のOPA627BPを無理矢理取り付けてみました。

45667841_1971852966230823_5527562874899136512_n

やはり、高さの関係で当然の事ながらまともには設置できません。
45698913_1971852959564157_6799532106922852352_n

手持の20種類ぐらいのオペアンプを試してみましたが、やはりこれが一番いいようです。
ただ、NOSが標準な私には、真剣に聴くにはこの系統の低音にはやはり違和感がありますがかなり細かい音も聴こえます。コストパフォーマンスは最高の部類ではないでしょうか。
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。