2018/11/24

究極のフルレンジ励磁ユニットAFT model 7

Audio Feastさんから とてつもない励磁ユニットが発表されました。勝手にはしょりながら翻訳しましたので、間違いがあるかもしれませんが・・・とんでもない代物です。

Audio Feast AFT model7

==ここから勝手に翻訳==
Audio Feast / Teramoto model7 は、Audio Feastさんから発売される最初のフルレンジ励磁ユニットです。このユニットは、Teramoto氏がAudio Feastさんのために特別に設計され製作されました。AFTモデル7専用のワイドワイドディストリビューターです。 Teramoto氏は以前Feastrexに所属していました。そして彼はすばらしい励磁ユニットのマイスターです。下の写真は彼の最初のプロトタイプのスパイ写真です。完成品は外観が多少異なる場合があります。

2A3 W Power

このユニットの磁気回路は純鉄素材が使用され、フレームはステンレス鋼そしてメインダイアフラム、コーン、ダンパー、ダイアフラムエッジは和紙が用いられています。また、 ボイスコイルとフィールドコイルには特別に選択された銅線が用いられています。 外枠の直径は199 mm(7.8 ")です。ダンパーやコイル、コーン紙などの可動部分は非常に軽く、一般的な5インチユニットのものとほぼ同じ重量です。コーンを支えるダンパーとダイアフラムエッジは非常に柔かくコーンのストロークを妨げない構造となっています。
感謝祭の週に、寺本氏の工房を(妙高日本)を訪問し、私たちはフィルムコンデンサと巨大サイズのFINEMET直で構成された専用のFINEMETフィールドコイル用電源を用いてプロトタイプのユニットをオープンバッフルに設置し試聴しました。(この最適界磁コイル電圧は約6.5Vdcです。) 入力信号を忠実に再現し、ディテールの再現性がすばらしく、3次元のサウンドステージが目の前に再現されます。サービスエリアも非常に広いためリスニングルーム全体がスイートスポットとなりえます。高音域も十分伸びているためトゥイーターは不要です。ロックやテクノを演奏したい場合は、バッフルの設定を変更する必要があります。このユニットをつかって素晴らしい音質で音楽を楽しむのは簡単だと思います!
今年のクリスマスか2019年の初めに発売できたらと考えています。 予想小売価格は1ペア 約7000ドルです。

乾杯!

 問い合せ先   Audio Feast  CleanUnderwear@gmail.com(日本語OK)
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。