2018/12/04

6GB8シングル

Samizu Acousticsさんがアンプを新調されるということで製作を依頼されました。自分のアンプを作るのも二の足をふんでなかなか進まなかったのに、人様のものをつくるなんて考えた事もありませんでしたが、いつもお世話になっていますので二つ返事でお引き受けしました。
ご指定の球は6922と8417。多分最高に特性のよい部類の6992で増幅をして、大型大電流型の8417でゆとりをもってドライブするといった目的かと思います。
回路図
このアンプの回路は先日開かれた秋の妙高オーディオで発表されたものですが、増幅段の6922はパラシングルではなくてシングルの回路としています。回路的にも2段増幅でカソードコンデンサレスと音質的にも有利ですので、試してよければ自分用にも1台と考えてのことです。勉強もかねて一石二鳥です。
私の手持の球が6922の互換のECC88, 8417の互換球の6GB8でしたので球ちがいですが互換とのことですので良しとしました。ECC88はこれまでも使ってきましたので扱い慣れていましたが、6GB8は始めてです。6GB8のスペックを調べてみたところヒーター電流が1.5Aとこれまで使ってきた球の中では飛び抜けて多く、プレート電流も300Bを裕に超える200mAまで流せます。
とはいえ、簡易電源ではそんな電流を流せるトランスも持ち合わせていませんので、バイアスを調整して流れすぎないように要注意です。アウトプットトランスはユニバーサルのFME-20(特別仕様)の2.5kΩを負荷として音だし確認となります。
8417

6922


2A3の今のメインアンプで同じ銘柄でもカソードコンの容量をかえるだけで音がかなりかわったので、なければその要因がなくなり更にシンプルな構成です。
電源トランスの容量と電圧の制限から300V 60mA程度ぐらいでしかドライブできていませんが、傍熱管のノイズフロアーの低さとカソードコンレスからくる低域の雑味のなさは圧巻です。
短時間でしたら、トランスを空冷しながら100mA流せますので試してみましたが、この球は電流をたくさん流した方が音質は向上しますね。これにあった電源トランスを調達したくなってきました。




    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。