5670Wは妙高へ旅だちましたので8417シングルアンプの増幅段に使用した6DJ8でもバッファーをつくってみました。
こちらは自分用ですので先に紹介したいろんな回路が試しやすいように平板のうえに回路を組みました。
6H1N
回路は基本的に5670Wと同じですが、真空管に合わせて抵抗値が少し変更してあります。音の傾向は5670Wよりもより味付けが無く無味無臭です。(笑)
また、部品は5670Wのときはオーディオ用の抵抗などを使いましたがこちらは汎用品です。
Buffer2
Youtubeなどでゲイン不足になりがちなものについては、TLT-1010の2次側の抵抗で調整できます。TLT-1010の位相特性が二次側の抵抗=アウトプットのインピーダンスの変化に対してリニアな範囲が広いことからTLT-1010を出力トランスとして用いたバッファーの形式はDACのバッファーとしてとても有効に作用するということがわかりました。電圧やカソード抵抗値の調整範囲も広いですので、システムに合わせて調整できますのでどんなシステムに対しても相当有効だと思います。