Samizu Acousticsさんが貸し出しているTDA1545A DACの試聴機を使われているお客様が正式にオーダーをされたとのことで、1台組み上げました。

構成は下記となります。
「電源部」
 電源トランス 180VA マルチタップ
 チョーク 360VA
 コンデンサ CDE 944U
「DAC部」
 DAC TDA1545A
 DAI AK4113
 IV TLT-1545
 IV抵抗 WE板抵抗
 コンデンサ CDE944U
  Blackmatter
 ※チョークインプット

入力は4入力で、光×1,同軸×2,BNC×1となっています。
16bitですが、192khzまでの対応です。

正直もうしまして、電源のスペックは拙宅のリファレンス機よりも上です。
DAC2
駆動電圧は下記となっています。
 TDA1545A
DVDD 5.2V
Iref 1.2V
IV Bias 3.0V
 AK4113 3.3V

コンデンサの値や、配線材については下記の機器をつかいました。
 セット1
アンプ:2A3シングル(フルファインメット、フィルムコン CR結合)
スピーカー:GS-1×2
 セット2
アンプ:8417シングル(フルファインメット、フィルムコン トランス結合)
スピーカー:AFT model7

測定器で使った物は、電源位相の確認でHIOKIのハイテスタ、デジタル波形の確認の時にオシロスコープを使ったぐらいです。(テスターは常時つかっていました)

主に、音の広がり(前後、左右、奥行き), 解像度を重点に、各部位の電圧調整と配線の材質、コンデンサーの値を調整しました。最適かどうかは分かりませんが、拙宅の環境をリファレンスとしての調整です。
ハイスペックな電源を搭載しているので、限界を聴きたくなりましたが耐久性や利便性がそこなわれてしまうので、そこは我慢です。

すでに、納品されたとのことでしたので、末永くつかっていただければ嬉しい限りです。