Samizu Acousticsさんの8417 singleの箱の中身はざっとこんな感じです。左側二つの箱が整流管以降のモノブロックのチョークインプット回路。90VAx2のチョークがモノブロックという構成です。右側の箱が電源とバイアス電源回路です。それを右上の真空管に接続となります。
木箱入り
アウトプットは使い勝手が良いようにケースに乗せる事としました。
アウトプット
これらを組み合わせて組むとこんな感じになります。
アンプ
ほとんどが電源関係となります。真空管部の下の箱はインターステージトランスが入っています。真空管部と分離する事でメンテナンスや改造が容易にできます。

ファインメットアンプをちゃんと組もうとすると、現在まともに使えるコンデンサーが944Uぐらいとなtりますので最低で是ぐらいの規模になってしまいます。
一言にファインメットアンプといっても、いろいろありますが現状では最高の部類ではないでしょうか。
このレベルになると944Uも特性的に使う事ができるもの47uF以下に本来限られるのですが、手持がないため100uF−160uFを使用しているため箱の中がスカスカのように見えますが、33uF-47uFにおきかえるといっぱいになってしまいます。とりあえず33uFを大量に発注しましたので、届いた後のお楽しみですね。