私が使っていたAFT MODEL7のエンクロージャーは一番最初にテスト的に作った物で、その後SamizuAcousticsさんが最適化されて市販品は一回り小さいサイズとなっています。先日プロトタイプと市販品のエンクロージャーに同じユニットを設置して比較させていただいたのですが、周波数のバランスが市販品のエンクロージャーの方が自然でしたので、プロトタイプのエンクロージャーをカットして市販品とほぼ同じサイズとしていただきました。
それに伴い、駆動している6C45Pi単段アンプでの駆動で高域が少し耳につくようになったのと、再現される音場の奥行き感が少し希薄になったので、電源の構成を少し変更しました。

08316C45PI

スピーカーケーブルに癖の無い物が使われている場合、耳につく音がある場合その領域の周波数の電源の供給が間に合っていない場合が殆どです。アウトプットトランスへの電力供給はこれまで100uF 944Uの高域の特性の悪さを補うために0.1uFのBMと0.22uFのMundorfをパラで接続してありましたが、100mHのチョークの後に100uF 944Uよりも高域特性のすぐれている52uF 944Uをとりつけました。これだけでも相当出力される周波数と位相のバランスは変わります。今回の場合電源トランスが充分すぎる容量が確保されているので、その差が顕著に現れました。

またこの回路はコンデンサーインプットとなっているため、最初のチョークのコアサイズがチョークインプットと比較して低域への影響が小さいので、手持の32Hの小型チョークの内部をパラ使いで8Hとして接続しました。24Hの大型コアサイズのものとDCRも1割も変わりませんのでプレート電圧が大きく下がる事はありませんでした。これによって極低域の再現能力は悪化しましたが、AFT MODEL7がその領域の主は数の再生が弱いという事もあるので聴感で許容範囲と感じました。

整流素子にSiCのショットキーをつかっているためヒゲノイズを避けて通る事ができません。ここにビーズをつけると若干電源の供給能力が悪くなるのですが、今回をそれを補ってもあまりがあるぐらいの電源ですので、ピーズをとりつけて初めコンに蓄えられる電力の高品質化を計りました。

アンプの配線にはそれほど時間がかかりませんが、アンプの音質と性能を決める小さな調整の積み重ねの時間はどれだけかかるか分かりません。