新大陸への誘い

 If it measures good, and sound bad, it is bad.
ファインメット関連
頒布先

カテゴリ: GS-1

GS-1をさらに良い音で・・・

長いことGS-1の再生環境を変えずににいましたが、変更したい点がいくつか出てきていました。ようやく涼しくなりましたのでGS-1のセッティングに再度取り組みました。1.スピーカーの間隔を狭く、内振りをゆるく由井さんからGS-1もYoshii9同様スピーカーの間隔は広げる必要はな …
続きを読む
ACラインの制振 2

最初に100Vのラインを加工する内容です。ケーブルの強度も下がりますし、絶縁が不良ですと感電、火災が起こる可能性が高いです。写真は簡単な絶縁にみえますが、特殊な絶縁テープを用いています。ビーニールテープなどですと経日変化で絶縁がゆるくなることがあります。この …
続きを読む
GS-1低音部のインシュレーター他

GS-1の低音部のインシュレーターですが、先日アニール処理をしたセミクリスタルに変更しました。たしかにセミクリスタルの方に音が寄るのですが、マーラー2番の最終楽章のパイプオルガンの最低音の迫力が激減してしまっていることに気がつきました。気合いをいれて元に戻し …
続きを読む
GS-1のインシュレート

ダイソーのセミクリスタルの音のよさにつられて、ついついやってしまいました。ひょっとして割れてしまうかと思ったのですが、意外や意外。割れませんでした。まず右側をすべてセミクリスタルに変更して、綾戸千絵をかけたら一気に音が右側によりました。というこで、両側の …
続きを読む
スピーカーケーブルの実験

GS-1のスピーカーケーブルをこれまで色々ためしてきました。その中で良い傾向となったものは、    1.総抵抗値の低いもの    2.ケーブルが細いもの    3.ケーブルが軟らかいもの    4.被覆の無い物    5.単線でした。抵抗値が低くないと、ケーブルが抵抗になっ …
続きを読む
GS-1のインシュレーター Ver6

これまでのものは、途中に木片をはさんでいましたが、積極的に振動をにがそうということで金属を組み合わせてみました。使った部品は10円玉2枚、5円玉1枚 軸受けスリーブ1個(真鍮製) 太鼓鋲1個です。これをこのように組み合わせて、左Ch上部の高音部の足としてつかってみま …
続きを読む
GS-1のインシュレーター Ver5

Ver3で良好な結果が得られて、更に振動をアースポイントへ効率流そうとして試みたVer4ですが見事に音が濁りまくって失敗に終わりました。手元にある廉価な金属素材となると、やはり硬貨となります。硬貨の銅の含有比率を調べたらやはり10円が95%と圧倒的に高い。GS-1側から10 …
続きを読む
GS-1のインシュレーター Ver4(失敗編)

Ver3では木片を伝わってしか、太鼓鋲の銅の部分に振動がつたわりませんでした。今回(Ver4)はスピーカーの振動を一部ではありますが、木片を介さずに伝えることを目的としました。有り合わせの材料での制作です。いつものことながら非常に廉価です。(笑)______→配線材 …
続きを読む
GS-1のインシュレーター Ver3

最初のサイコロ木片に木ネジをねじ込んだのがVer1。セラミックボードを敷いた状態ですと、これでも十分な解像度と低音を得ることができました。それの、金属の材質を銅に変更したのが、昨日のサイコロ木片に銅釘を打ち込んだVer2。素材を変えたとことと高音部にもインシュレ …
続きを読む
GS-1用新型インシュレーター改(銅編)

昨夜、サイコロ木片と真鍮釘の有り合わせの部品でGS-1のインシュレーターを作成してかなり良い印象となりました。問題点は、釘が細すぎてGS-1の荷重に耐えられないということと、高音部についてはサイコロ木片が30mmあって低音部との隙間が大きすぎてしまうということでした …
続きを読む